上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
BUD-31174.jpg


 今日ご紹介するのは『ミッドナイト・ラン』という映画です。僕はロードムービーというジャンルだったら、この作品が一番好きかもしれません。

 あらすじ 賞金稼ぎのジャックは、四日以内にマフィアの金を横領したジョナサンを捕まえてほしいと依頼される。報酬は10万ドル。ジャックはジョナサンをあっさり捕まえることができたが、この男、なかなかのクセ者で・・・
 
 1988年の作品で、監督はマーティンブレスト、キャストはロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン。
 
 ロバート・デ・ニーロの映画といえば、その多くが、いかにもデ・ニーロ特有のバリバリ濃~い演技が作品全体を支配するような、観てるこっちの背筋もピシっ!としちゃう映画ばかりなんですが、これは別!! 本作ではデ・ニーロは自然な軽~い演技をしてます!(でも演技ウマ過ぎるんですけど・・・)たまにはデ・ニーロも本作のような軽い演技ができる映画にも出演したくなったんでしょう。たまには息抜きを・・みたいな感じでしょうか。

 ですがこの後、彼は、『レナードの朝』『ケープ・フィアー』などで演技力、肉体改造を必要とする映画に再び戻っていきます。そんな彼も最近は『ミート・ザ・ペアレンツ』などコメディ映画に出演し、ヒットを飛ばしてます。やっぱり演技が巧い人は何でもできるんですね^^

 ロードムービーの映画は景色ばかりが映っていて展開少ない、といった感じの映画が多い(そこが魅力でもある)んですが、本作はアクションシーンもあり、コメディありで全く退屈しないです。

 登場人物のキャラクター性も緻密に練られているので、感情移入しやすく、バディ映画というジャンルを生かした男と男の絆に、思わず涙がホロリ☆したりもします。これこそドラマとアクションが融合。脚本がよく出来てるんですな。

 中盤、デ・ニーロ演じるジャックが別れた妻の家に訪ねていくシーンもシンプルながら何度も観たくなる名シーンです。ラストも映画史に残る名シーンだと勝手に僕は思ってます。

 とにかく名シーン&見所が満載。観終わった後は、すがすがしい清涼感と120分の中であなたが出合った素晴らしいシーンを思い出しましょう。そしてふんわり暖かいベッドで寝れたら最高でしょう♪
 
 今回、『ミッドナイト・ラン』のレビューを書いて、改めて映画は良い脚本があってこそだな~と思いました。 
 

 

 
 
 
 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/9-66ff6f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。