上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/02/07(火) 02:13
 どうしてだろう?最近ビデオ(以下DVDも同じく)で映画を観ることが後ろめたいんです。「映画は映画館で」という当たり前のことに敏感になっている自分がいます。

 確かに映画は家の小さいテレビなどで観るものではないです。大画面とあの音響設備があってこそ映画なのですから。

 こう考えだしたのはある一冊の本がきっかけです。それは『映画批評は批評できるか』(重政隆文著、松本工房)という本です。これは専門の映画評論家と局外評論家(いわゆるアマチュア映画批評家)を比較して、そこの各著名人が書いた批評を批評する、という大胆かつ新鮮味のある内容を持った本です。村上春樹、井筒監督、山城新伍、松本人志、手塚治虫など、そうそうたる顔ぶれの映画批評が“批評”されてます。

 普通に読んでても楽しいのでお薦めなのですが、この作者は神経質な位、映画館で映画を観ない批評家を徹底的に叩いているのです!ここが面白い!

 ビデオを借りて映画を観る批評家は批評する権利すらないと捉え、そもそもビデオ自体、映画だと思っていないのです。

 それなら現在公開中の映画は映画館で観ようと思ったらまぁ、観れます。しかし過去の映画はどうして観ればいいのでしょうか。ここでまた作者は根性をみせます。過去の映画は根気よく名画座をリサーチし、網を張れ、と言うのです。これは雲を掴む様なものです・・・果たしてそこまで映画だけに費やす時間はあるのでしょうか?映画批評家ならまだしも、多くの人はないはずです。

 何事にも妥協は必要です。ビデオで映画を観ることは作者からすれば妥協以外何ものでもないかもしれません。しかし、映画批評家ではない我々の様な人々には関係の無い話だ。第一に私達は映画批評家でではないのだから。でも僕はこうして映画批評とは呼べませんが、それに似たような文章を書いて皆様にネットを通じて公開しています。なので何処か人事ではないのです。それが今回の悩みですね。
 
 ただ、この本を読み気づいたことはビデオで満足してはいけないな、という事です。「映画は映画館で」。そこは私もはっきり支持したいですね。ただ、毎日映画館にも行ってはいられないのが現状、そこにビデオという手軽なソフトが必要不可欠なんです。これはもう変えられないでしょう。
 
 でもやっぱり、それに甘んじてはいけないと思うんです。前述した様に映画は映画館で観るために作られたモノなのですから。あくまでもビデオはサブ的なものでなくては!決してメインにはなってはいけないのです!これが僕の意見です。
 皆さんはこのことについてどう考えているのでしょうか。ご意見、ご感想などあれば嬉しいです。あっ!映画館といえば『ニューシネマ・パラダイス』を観れば何か答えみつかるかもしれませんね。ではさようなら~
 

 
スポンサーサイト
コメント (5) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/62-3a97630f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

いいとこあるよ

過去の名作(名作でないものが多い…)なら大阪は西成にある飛田シネマ(地下鉄堺筋線動物園前下車すぐ)に行けばいいですよ。火曜日と木曜日は\500で、三本連続上映しています(24時間営業)。大阪で最もディープなスポットだけに環境はとても悪く、廊下で寝てる廃人?がいたり、上映中寝てるおっさんがいたり、煙草と酒はオッケーで喧嘩は日常茶飯事と、かなりスリル満載です。
ちなみに僕は「続・荒野の用心棒」を見ました。
近隣には日本最大級の現存する遊郭「飛田新地」があったり超下級労働者とホームレスの街「愛燐地区」ありとスリル満点です。
管理人さんも是非灰色の街「西成」で映画を見てはいかがですか?一見の価値有り!
2006/02/07(火) 23:32 あっさん URL [編集]

映画館…イイですね~
ビデオ…イイですね~
それぞれ、メリット、デメリットがあるうえ、各個人の映画の楽しみ方によるんじゃないですか(^o^;)
その評論家も否定するだけじゃなくて、家庭用VHSでの映画の楽しみ方紹介したらエエのにな~笑
2006/02/08(水) 11:01 モン② URL [編集]

あっさん>貴重な情報ありがとうございます!結構遠いので行くのは大変そうですが、行く価値はありそうですね。

モンモン>コメントありがとう!メリット、デメリットは何でもありますねぇ!そこを上手に使い分けるのが理想的ですね☆
2006/02/08(水) 15:04 管理人アキオ URL [編集]

おはようございます★さわわでございます~
お久しぶりですコメントありがとうございました!
クラッシュほんといいですよ!オススメです!!
さわわ多分DVD買います(笑)!
映画は映画館で観るべき!と言うのはもっともなことですよね。
作り手は大画面で映写されることを前提につくってるんですもの。
やっぱり迫力とか音とかDVDやビデオで観るのとは全然違いますし・・
しかしわたし達(勝手にくくってすみません)評論家の方々達と違って映画見てご飯食べてるわけじゃないですからねぇ・・
お金を貰って書いてる訳じゃないんだし、あくまでビデオ鑑賞してるってことを自覚した上で記事をかけば問題ないのではないかなと思うのですが・・・
だって正直ビデオが駄目って言われても困るし~(汗
そしてさりげなく気が付いたんですけど、アキオさんリ、リンク貼って下さってたんですね!!
嬉しいです!ありがとうございます!!
しかももしや和日和の頃からですか?!にゃー!ありがとうございます!
嬉しすぎて勝手ながらさわわの方でもリンク貼らせてもらっちゃいます
しかも相互(さわわのブログ内では両思い)に入れさせてもらいます
もしご迷惑でしたらこっそりおしえてください・・・
ちょう長々と書いてしまってすみませんです(汗
また、お邪魔させてもらいますね~
2006/02/14(火) 06:35 さわわ URL [編集]

ご迷惑なんてとんでもないです!こちらこそリンク貼っていただいてありがとうございます。私は和日和の頃から貼っておりましたよ~クラッシュ観ます!どこの映画館でやってるか解らないのですが…コメントありがとうございました。
2006/02/14(火) 09:39 管理人 URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。