上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
title_photo9.jpg


 TAKUIが3月1日発売のニューシングル『メッセージ』からアーティスト名を「中島卓偉」に変更。

 詳しくはオフィシャルのホームページ(PC版 http://www.takui.com/top/)
 (携帯版http://www.takui.com/mobile/ )に書いてあるのだが、これには私を含め多くのファンが衝撃を受けたはずだ。
 
 中島卓偉とは以前からTAKUIが作詞・作曲のクレジットに使用していた表記であり、紛れもない本名である。
 オフィシャルの声明文にはROCKを演奏し続ける「TAKUI」とそれ以外を幅広く演奏していきたい「中島卓偉」の距離感が日を開いていったという。
 前作『雪に願いを』も全くロックというベクトルから逆の方向に進んいた曲であった。以前ならA面がバラードならB面はロックな曲だったのに『雪に願いを』は違った。もはやあの時点で中島卓偉に変化していたかもしれない。
 更にその前のシングル『HELLO MY FRIENDS/太陽が沈む前に』は確かにロック的なアプローチに行き詰っている感がした。どちらもメロディー的にはポップでTAKUIらしい。でもその「らしい」がマンネリ化している様にも感じられた。
 そして向かえた2005年7月18日の日比谷野外音楽堂ライブ。「謝恩祭・TAKUIすべて見せますスペシャル1999-2005」と題し、ファンからのリクエストを基にしたステージを決行。結果、素晴らしすぎるライブでその場にいた観客全員がTAKUIに酔いしれた。
 しかし、この集大成的ライブでTAKUIのROCKは完結したのではないだろうか?これ以上は実現不可能と思えるロックンロールにステージだったし、TAKUIの長年サポートギターを務めた加藤理宇クンもこのライブで最後となったのだ。悪く言えばバンドサウンドを追求してきたTAKUIのピークかもしれない。そうならアンプラグド・ライブにも納得がいく。
 ロックシンガー・TAKUIは日比谷ライブを機にひとまず区切りがついたと予想する。あのライブがあまりにも素晴らしかったので、『雪に願いを』という180℃対極にある曲にも挑戦できる自身もついたのではないだろうか。そして佐橋プロデューサーとの出会いも彼を大きく変えたのだろう。小田和正、藤井フミヤ、福山雅治など大物ソロシンガーと数々のコラボを重ねてきた名手。彼はTAKUIのシンガーとしての実力と可能性を改めて再確認させたと思うのだ。
 そう、一人の「歌い手」としてTAKUIは中島卓偉になったのだ。そこには「ロック」や「パンク」といった鎧は無い。一人のソロ歌手として新たなスタートを切ったのだ。
 
 そして新曲『メッセージ』。こちらもオフィシャルで試聴できるので聞いてほしい。前作同じくプロデューサーに佐橋氏を向かえて制作された本作は、まさに今の中島卓偉にピッタリな旅立ちの春を思わせるポップな曲だ。イントロのアルペジオはUK的なサウンドだが、メロはあくまでも日本的。かってのようなモロ洋楽志向ではない。そしてサビがインパクト大!である。なんと全てファルセット(裏声)なのだ!前作『雪に願いを』TAKUIのコーラスをリードに展開していく間奏もそうであったが、佐橋氏は卓偉のボーカル能力にまたしても大きな革命をもたらした様だ。
 そしてまだまだサプライズはある!カップリングの『ビルボードで鳴くカナリア』は卓偉の作詞・作曲の歌ではなく、初の外部からの提供曲らしいのだ。
 これほどにまで変わり続けようとする卓偉。何が彼をそうさせるのか?それは四年前の『DESTINATION』でそのメッセージは確かに歌われている。「変わろうとしない君がいて 変わり続けたい僕がいる」と。
 
 卓偉は名前が変わろうと、サウンドが変わろうと本質は全く変わらないと思う。それが変化を恐れないアーティスト・中島卓偉なのだ。 
 
 卓偉は去年のアンプラグドライブのときに来年は新しいことを沢山やりたいと2006年の抱負を述べていた。そしてカウントダウンライブのタイトルが「REBORN THE COUNTDOWN05-06」リボーン=変化・生まれ変わる、といった意味をもったこの言葉を掲げ2006年を迎えたTAKUI。
 
 そして早くも彼は「中島卓偉」に生まれ変わった!!
 卓偉からこれからもますます目が離せない!!!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/61-0045d5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

TAKUI

見ましたよ、公式ホムペ↓中島卓偉ってプロフィールになってましたね↓そしてTAKUIとの別れともとれるニアンスも含めたコメントまで↓今になったら野音の時には決めてたかもしれないですね、タイトルが大感謝際でオマケにピアスまで歌ってましたからね↓ まっけど「彼」いなくなるんじゃないんで、応援しますよ、1ファンとして。
2006/02/05(日) 00:49 福岡プリンス URL [編集]

変わり続けること=ROCKなので卓偉はこれからもROCKし続けると思います!ROCKは音楽じゃない!生き方だ!!
2006/02/05(日) 22:17 アキオ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。