上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/01/31(火) 23:19
邦画の『東京タワー』を鑑賞。
 

2004年作品。監督 源孝志、 キャスト 岡田准一、黒木瞳、松本潤、寺島しのぶ、平山綾、加藤ローサなど

年上の人妻との不倫を描いた恋愛映画。ドロドロして『失楽園』みたいになるのかと心配したが、映像と主演チームの美しさによって救われたかな?物語は岡田・黒木、松本・寺島の二つのカップルの禁断の愛の日々を描いている。

 岡田准一はギリシャ彫刻の様に美しく、黒木瞳は気品のある容姿が色っぽい。この二人はどのシーンを切り抜いても最高の絵になる。しかし
この二人のエピソードだけを主軸にしていけば、見るに耐えないストーリーに落ちていただろう。この二人、個性とかアクがなく、見ててイライラする上、展開がスロウリーなのだ。
 
 対して松本・寺島カップルは二人とも個性が強烈で、スピード感もあるし、松潤が同級生のクラスの女の子の親と絡むシーンなどドキリとさせられる場面も存在する。

 物語的には松本・寺島カップルの方が断然面白い。しかしそれだけでは神秘的なこの映画のムードは到底作れなかっただろう。彼らはどこにでも売ってそうな現代的な不倫。逆の岡田・黒木は神話の中の不倫カップルであるかの様だ。
 
 まるで異世界から呼び寄せたかの様な岡田・黒木の神々しい「美」が本作を「淫ら」という言葉から遠ざけたのだろう。二人のラブシーンはエロいが、「淫乱」ではないのだ。そっこには「美」が存在している。

 色々書いてきたんですけど、要するに映像美と役者の美しさを観るための映画です。ストーリーはあってもなくても同じです。そしてやたらと長く感じました。

 最後に・・・山下達郎先生の主題歌『FOREVER MINE』と加藤ローサの下着?が拝めてよかったです。へへ。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/58-045bd60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。