上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
今日は『タワーリング・インフェルノ』を鑑賞。70年代を代表するパニック映画です。

 監督 ジョン・ギラーミン 
 キャスト ポール・ニューマン、スティーヴ・マックイーン、フェイ・ダナウェイ、ウィリアム・ホールデン、フレッド・アステア 74年製作。

story サンフランシスコにある138階建ての”グラスタワー”で落成記念式典の最中に火事が起こる。なんとそのビルは致命的な設計ミスがあったのだった!!危険を察知した設計者は消防士達と共に救助に向かったが、火の勢いは弱まるどころか猛威を振るうばかりであった。

70年代にはパニック映画ブームが起こり、『ポセイドン・アドベンチャー』、『大地震』などハリウッドの底力を見せつけられた様な作品が数多く発表されました。本作はその中でも金字塔となる映画です。

 約30年以上も前の映画なので劇中の炎はすべてホンモノ!CGを駆使してないので、原始的なリアルさが感じられます。この時代にここまで金のかかった映画を作るとは脱帽ですね。
 この作品が大ヒットしたから後に『タイタニック』や『デイ・アフター・ツゥモロー』等、多額の制作費が積まれたパニック映画が生まれたはずです。そういった意味では『タワーリング・インフェルノ』はパニック映画、巨額映画の父でしょう。

 主演は当時のスーパー・スター、ポール・ニューマンとスティーヴ・マックイーン!「演技派の長VSアクションヒーロー」ですよ。この二人のツーショットは映画ファン感激です。
 マイケル・マン監督の『ヒート』ではロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ夢の共演で騒がれた作品でしたが、実は不仲のため実は撮影中は一度も顔を合わせたことのなかったようです。(フィルム上ではそれとなく二人が面とむかって会話をしてるシーンはあるが、別のショットである。画面の枠に二人が収まってるシーンは存在しない)
 よってこの両人がスクリーンに堂々と同一ショットで映るのはかなりのお宝ショットであります。
 
 しかし、残念なことにニューマンの人物描写は比較的よく書けているんですが、マックイーンの描写は薄い気がします。前半に彼のエピソードをもう少し描けなかったのだろうか。勇敢な消防士のリーダーだけで終わってるのだ。もう少し明確に設定しておけばドラマ性が膨らんだのに。まぁ、脇を固めるスターも豪華なんで散漫になるのはしょうがないですけどね。

 映像は凄かったです。塔の鳥瞰ショットは恐らくミニチュアでしょうが、除々に火が燃え移ってゆき、終盤には炎の塔に変容しているのが面白かったですね。これだけの映像を映画館で観れなかったのが悔やしいです。やっぱり大作は映画館で観なきゃね。

 ビルに火災に消防士・・・と言えば皆さん、これら一連のキーワードは何を意味してるかもうわかりましたか?9・11、セプテンバー・イレブン、そう、同時多発テロです。まさか30年後の“それ”を意識したかのような作りです。ちなみに人間の愚かさ、建物の高さというキーワードからは神話の『バベルの塔』を連想させます。
 まずオープニングに、「この映画を日夜、炎と戦い続ける消防士たちに捧げる」というメッセージから始まり、ラストではマックイーンが「今日は200人死んだ。だがまだマシな方だ。今に1万人の死者が出る」と告げる。
 観ている最中は感動に浸っていてその言葉を耳から流してたのですが、改めて思い出すと恐ろしいまでにピッタシなセリフですね。
 だから『ポセイドン・アドベンチャー』もリメイクするし、『タワーリング・インフェルノ』もリメイク!・・・って事にはしばらくはなりませんね。9・11を想起させますから。

 そんなこんなの二時間半ある映画で、中盤少しダレちゃう部分もありますが、終始手に汗にぎるノンストップ・アクションです。一度御覧あれ! 
 P:S nilのカバーアルバムのタイトルは『カバーリング・インフェルノ』。70年代のロックの名曲が聞けます。もちろんタイトルも70年代っすね!!


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/53-d4b7a4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

こんばんは。

足跡から遊びにきました。
この映画、面白いですよね~。確かに未来を予感させる映画かも…。
昔の映画もどんどん観たいなあと思っている最近です。
2006/01/26(木) 18:15 emi URL [編集]

コメントありがとうございます!昔の映画も面白いですよ~特に70年代映画がおすすめですよ☆またいらしてください!
2006/01/28(土) 13:46 管理人 URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。