上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/01/05(木) 01:23

 「カサブランカ・ダンディ」というジュリーの曲はみなさん知ってますか?そうジュリーこと沢田研二の。若い人はまず知りませんよね。
 その曲のサビでジュリーが「ボギー♪ボギー♪あいつの時代はよかった」と歌ってましたよね?そのボギーって誰か知ってました?実はハンフリー・ボガードという俳優さんの名前なんですね。
 今日はオールディーズにいきます。ご紹介する映画は『カサブランカ』です。
 過去の名画も大好きな僕ですが、1943年の映画にまで手を出しちゃいます。でも良い映画でしたよ。

 あらすじ 第二次世界大戦のモロッコのカサブランカを舞台に、酒場を営むリックと昔の恋人イルザが繰り広げる、ほの哀しいラブストーリー

 古典的メロドラマの秀作ですが、今観ても古さを・・・感じます(笑)。さすがに60年前の映画には感じちゃいますよ!!時代背景も第一次世界大戦直後って!歴史の教科書みなきゃ!ん・・・?教科書?そういや一番の歴史の教科書って、こういった古典的映画かもしれませんね。
 映画は20世紀が生んだ最高の歴史の教科書ともいえます。史実を楽しく、そしてドラマチックに学べる。日本も少しありますが、海外には多く映画コースがある大学があり、映画史の授業も行っていますからね。
 
 さて本作なんですが、なんと言ってもボギーこと、ハンフリー・ボガード氏のカッコよさに尽きますね。時代を越えた名台詞「君の瞳に乾杯(Here's looking at you, kid)」」は実はこの映画から生まれたものなのです。や~クサイ!でもボギーが言うとカッコいいんだ。これが。 
 
 そしてテーマソングの「時の過ぎ行くままに」もイイ曲なんです。ボギー(リック)の経営するバーのピアニストが弾くんですが、昔愛し合った女との思い出の曲、ってな感じで泣かせるんですよ、これが。
 
 この曲はあまりにもスタンダードな曲で、現在はジャズバージョンがあったり、フランク・シナトラが歌ってるバージョンがあったりする名曲です。そういえば、ジュリーの曲にも「時の過ぎ行くままに」って同名の曲がありましたな。やはりジュリーは「カサブランカ・ダンディ」ですね。
 某ロックバンドCも「あんなボギー」という曲を歌ってました。ボーカルがジュリー好きらしいからでしょうか。ここまで来れば隔世遺伝か?
 
 本作は対戦の最中であったからか、大ヒットし、アカデミー賞では8部門でノミネートされ、作品賞、監督、脚色の3部門で受賞。60年代のボギー・ブームから再評価の気運が高まり、ウディ・アレン『ボギー、俺も男だ』など、数々の映画にオマージュとして引用され、見事恋愛映画の金字塔になりました。
 
 とにかく名作と呼ばれた高い一作です。必ず観ろ、とは言いません。渋くなりたい男は観て下さい。現代の男が「あの時代」に置き忘れてしまった“オトコ”ってモノがこの作品(てか、ボギー)の中にあるんじゃないでしょうか。
 
 
 

 
 
 
 
 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/44-ba685def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
A HAPPY NEW YEAR沢田研二 ロイヤル・ストレート・フラッシュ リマスター盤購入ジュリーのCDは長い間、廃盤になっていて入手困難でヤフーオークションで1万円近く出して入手したCDを何枚も持っている。それが去年の春からリマスターで再発されたのは大感激だ!今のジュ
2006/01/05(木) 22:29  湘南のJOHN LENNONの独り言
コメント

アイキさん、はじめまして!
コメントありがとうございました。
ジュリーのパフォーマンスは凄かったです!
「カサブランカ・ダンディ」もバーボンのボトルを持って、
中身は本物のお酒を口に含んで
プーっと吹いていました。
この振り付けも流行りましたね(笑)
水でやって友達にひっかけました(笑)

キザだけど許せてしまいましたね(笑)
「カサブランカ」は名作ですね。
監督のマイケル・カーティスの代表作でもあります。
これからもよろしくおねがいします。
2006/01/07(土) 20:56 湘南のJOHN LENNON URL [編集]

コメントありがとうございます。いいっすね!楽しそうな遊びをしておられたんですねぇ!いい時代だったんだろうな~★またジュリー語りにきてくださいね。
2006/01/10(火) 22:30 アキオ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。