上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
遅れてスイマセン!二部のライブレポ完成です。

“NONTALK!! NONSTOP!! LIVE Vol.2”と名付けてあるだけあり、今回もMCナシの畳みかける超・白熱のライブでした!

SE 「OCTOPUS SOLDIER」

「ハードでカッコイイ曲だなー。誰だろ!?洋楽っぽい」と思ったら、そこに乗っかっているヴォーカルは卓偉の声!新曲だと気付く。

「嘆くも蒼い地球で」

VIVA ROCKからのオープニングナンバー。約4年前の“VIVA! LA ROCK ON TOUR”以来である。また聴ける日が来るなんて・・・。

「ROCK THE FUTURE」
フェイントで違う曲が来るかと思ったが、アルバムに忠実な流れで突入。前曲と歌詞がリンクしているのを改めて思い知る。

「FEED BACK'78」
「やめればいいさ 意味がないなら やめてはじめて気づくこともあるさ」という歌詞に私はいつもハッとさせられる。華原朋美の迷(?)曲「あきらめましょう」の歌詞とはまた違うんだな。

「ROCKIN' PROPOSE」
『POWER TO THE MUSIC』より。この曲も結構久ぶり。LINKIN PARKなどのミクスチャーバンドのヘヴィネスな部分と卓偉が持つ歌謡曲的嗜好が合体した楽曲。

「だったらひとこと言わせてよ」
05→06のカウントダウンライブの際に見られた「come on!」と卓偉が叫ぶDJ的な煽りが見られなかった。

「POWER TO THE MUSIC」
四つ打ちビートがフロアに響き始めたらこのロックナンバーの幕開け。それにしても『POWER TO THE MUSIC』から三曲連続はマニアック過ぎる。

「NOBODY KNOWS」
個人的に久方ぶりに聴けたので嬉しかった。パブロと卓偉のツインギターソロがミモノ。

「(It's gonne be)OK」
CDよりテンポは若干早め。この曲が作り出す一体感が毎回好きだ。

「太陽が沈む前に」
野外フェスでこの曲を演奏してくれたらどんなにカッコイイだろうか、と都内のライブハウスで思う私。

「BLACKSIDE IN THE MIRROR」
廃墟について歌われたロカビリー。

「LILY」
新譜からの新曲。「テレビジョン」を想起させる抒情的なバラード。“ごめんよ”と愛した人に囁きかける歌詞が印象的で、卓偉もこんな歌詞を書けるようになったのかと驚いた。もちろんイイ意味で。

「明日はきっと風の中」
PV撮影をした一部の演奏よりもテンポアップしての演奏。本当にシングル向きな楽曲です。

「NO MORE NO DOUBT」
サラリーマンの生活を面白おかしく歌ったファンクナンバー。

「トップランナー」新譜からの疾走感あふれる、“ど”パンクソング。

「TO THE MAX」
やっぱり歌詞がいいよね。一心不乱に生きていく人間は素敵です。

「ヒキガネ」
CDでのラテンテイストは抑えめでロックな仕上がり。

「トライアングル」
意外な選曲にイントロのドラムから歓声が!

「FREE FOR FREE」
本編ラスト。炭酸飲料のCMに今更だがドコか起用してくれないだろうか。。。「ミロ」でも可。


「LOVE MERMAID」
アンコール一発目の曲はニューシングルを持ってくることが多いのはどのアーティストも同じ。卓偉の手拍子の指導もあり、一部よりも観客との一体感が増した。

「HELLO MY FRIENDES」
サッカーをモチーフに描かれた夏ソングなのに、なぜか栃木県の高校野球のテーマソングに選ばれたエピソードを御存じだろうか。

「コードネーム1091」
唯一、前回(4月)のライブと重複したロックンロール。



・・・と、こんな感じに新曲も懐かしい曲も久ぶりに聴けた曲もあって大変満足できたライブでした。アルバムリリース後はツアーが控えており、当分こういったアルバムに縛られない企画モノライブは無さそうですが、また機会があれば開催して欲しいです。そん時は大阪でもね!
スポンサーサイト
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/429-dba7d936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

ん?

SEでかかったやつ、新曲のオクトパスソルジャーですよね?
2008/07/13(日) 22:05 まっつー URL [編集]

そうですよ!サビがWE CAN FLY~(?)ってヤツです。噂のたこ焼きソングです(笑)
2008/07/13(日) 22:43 アキオ URL [編集]

歌詞だいたい覚えましたよ(・∀・)英語のとこわからないけど(笑)

いったいいつまで俺たちここでこのままぶったぎられ
手玉にとられ命まで弄ばれ
じっとしてたら焦げていく 今すぐ get away ぶっとんでけ 目の前の坂を転がりたつべきステージを目指せ!

こんな感じっす
2008/07/14(月) 20:56 まっつー URL [編集]

素晴らしいです!まっつーさんありがとうございます。
“このままここでブッた切られ”とか、“じっとしたら焦げていく”など、たこ焼きの視点から描かれている歌詞なんでしょうねかね?卓偉版「およげたいやきクン」だったりして★
2008/07/14(月) 21:09 アキオ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。