上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
『過去の僕も知ってください!』、みなさん観ました?

今回のDVDは今までの中で一番好きかもしれません。なんてったってプレミア度ハイレベルなカルボンの曲が映像化されたのですから!それも数曲では新しいアレンジを加えた形で!

しかし不思議なことにどの曲も現在の中島卓偉に違和感なくフィットしてますよね。「はじまりの唄」がカルボン時代から作られてあった事実も大いに納得です。

ただ、「must be strong」 「beat your self blind」などはちょっとキネマに似合わないっていう感じがしました。キネマ倶楽部だけあってキャバレーですからね(笑)
こういうハコはバラードナンバーや「ヒキガネ」とかエロイ系の曲が似合いそうな気がします。


僕は30日の追加公演に参加したんですが、こちらはヌークリとちゃんすわの曲とカルボーンの曲をうまく混ぜた構成で・・・要するに今回のDVDみたいな感じでした(笑)

ただ、30日の方は「100万回生きたねこ」が中盤で披露され、今回のDVDの様にラストナンバーではありませんでした(30日のラスト曲はNEVER FADES AWAY)。曲の位置が違うだけでだいぶ曲の印象が変わりますね。

個人的にベストナンバーは「トライアングル」ですかね。『謝恩祭』のギターを全面に押し出したアレンジとは異なり、音源に忠実に再現したアレンジ(とは言っても間奏は省略されてますが)で演奏した卓偉の潔さに感服です。そして改めてこのアレンジで聴くと卓偉の「jump!jump!」という煽りも含めてディスコっぽい曲だな、と新しい発見もありました。そして、これがなんとなくディスコチックな最新曲、「cry cry cry」につながってるのかな、と。尊敬するトライセラトップスに見習って卓さんも踊れるロックを提唱しようとしているのでしょうか。それなら大歓迎なんですが!

あと「6-caster-9」が2曲目なのが興味深いです。この曲とタイプが似ている「SYSTEMATIC」が最新作「SMILER」では2曲目に収録されてますから。もしかしてこのキネマライブの時から「SMILER」の曲順が卓偉の中ではイメージされてたのでしょうか。或いは、ファンへの一種の刷り込み?かもしれません。

ということは今月のツアーでは「6-caster-9」がプレイされない可能性も高いですね(笑)。それはそれで悲しいんですが・・・!!









スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/338-449f705b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。