上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
 
 デビッド・リンチ監督作品『ブルー・ベルベット』(86年作品)を拝見。やばかった。とにかくヤバイかった。

 父の見舞いのために帰省した青年・ジェフリーは、野原で人間の「耳」を発見する。果たして誰の耳なのだろうか?しかも何故こんな場所に?謎を解明するためにジェフリーは単独で捜査を始めるが・・・。

 平凡な日常生活が「耳」を発見することで非日常の世界へとシフトチェンジ。主人公同様、決して覗いてはいけない世界を見た気がした。リンチ監督作品はどれもこういった感想を抱く。まるでパンドラの箱を開けてしまったかのようだ。
 
 出演者はどれも個性的で卓越した演技力を披露しているが、特筆すべきはやはりデニス・ホッパーだろう。まさに怪演。とにかくクレイジー。病的で暴力的、さらに性的倒錯までしていて、まさに本作を象徴したかの様な男を嬉々と演じている。
 『スピード』の爆弾魔といい、この人は何故こうもキチ●イじみた変質者を表現できるのだろうか。
 
 全編を通してジェフリーがロッカーから覗くシーンが最も好きなシーンである。扉の隙間からわずかに見える世界はまさに禁断の世界。このシーンは実に映画的である。映画を観ている私達は、ロッカーから覗き見をしているジェフリーを見ている(覗いている)。その二重構成が映画が映画である所以だ。心理的にも心臓バクバクだ。ヒッチコックの『裏窓』はそれを最も成功させた映画でもある。

 アキオはブルー・ベルベットとは「禁断の世界」を意味してる気がする。オープニングの垂れ下がった青いベルベットの幕もこれから始まる禁断の世界の開演を示唆してるかのようだし、あの歌も・・・いや、やめとこう。この作品に深い意味を求めてもキリがない。深く追求したいなら解説サイトに行った方が手っ取り早い。リンチ映画は理解する、というより、あるがままを感じるるべき。「体感する」という表現が最も適しているかもしれない。ひたすらそのドラッギーな映像世界を体感するのだ。

 本作はリンチ作品にすれば物語的でもあるし、まだ解り易い方であると思う。とは言っても他の監督作品と比べれば明らかに異質だが。
 『ロスト・ハイウェイ』や『マルホランド・ドライブ』は解説サイトが存在するくらい難解な映画であることを踏まえれば、リンチ作品の中では最も初心者向き、かつリンチらしい風変わりな映画ではなかろうか?
 そんなこんなで来年で『マルホランド・ドライブ』からもう五年経ちますか・・・そろそろ新作見たイッス!よろしく★
 
 
 
 

 
 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/33-a7c093d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

ゴメスラブ

リンチの作品は大きく分けて「正常の中の異常」と「異常の中の異常」の2タイプがある印象だ( ̄ω ̄)“ブルー・ベルベット”“マルホランド・ドライブ”は前者に当り、“イレイザーヘッド”“ワイルド・アット・ハート”は後者に当る。前者における、日常が一気に非日常に変わるストーリー展開に我々は只翻弄されるだけである。しかし私はそんなリンチワールドに酔えただけでも満足だ(“Д”)
あとリンチの作品で特徴的なのは「密室」である。あの閉塞感に満たされた、薄暗い小部屋の不気味さはリンチの独特のセンスによるモノでしょう( ̄◇ ̄)
「正常の中の異常」「密室」と聞いてふと思い出すのが、そう、京進宇治神明校の事件である(タナソー風)。恐らく被害者の少女が体験した事件はこの映画と同様に不条理なモノだったのだろう( ̄◇ ̄)このような事件が連発する中、本来ならその異常さに震え上がってもいいはずだが、いつしかニュースを聞き続けると慣れてしまう。しかし映画の中で見るとその異常さがリアルに伝わる。それがメディアにはない映画の力である(≧∇≦)映画だけでなく音楽や文学などもそうであるが、やはり人々を動かすのはアートではないか。ニュースに写る死と、映画に写る死は根本的に意味が違う。映画の死は「死」以上のモノを見せると思う。
いずれにしても、“ブルー・ベルベット”はなかなかリアルな映画だと思った。
2005/12/22(木) 19:15 ポキ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。