上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »

昨日はアルフレッド・ヒッチコック監督の『泥棒成金』を鑑賞。

サスペンス界の巨匠・ヒッチコックの監督作品としてはいまいちパンチがない映画だった。グレースケリーの美しさは本物だが。さすがモナコ王妃だな。
主演のケーリーグラントは渋みのあるナイスガイ。元はフランク・キャプラ監督作品のコメディ映画の常連俳優だったが、この時期は完全にヒッチコック映画の看板俳優。本作では元コメディ俳優という点がなんとも言えない味わい深さを醸し出しているではないか。ヒッチコックは俳優の新たな一面を引き出すのにも秀でているのだ。

引退した伝説の怪盗と全く同じ手口を使った泥棒が現れ、本家が偽者を捕まえるために四苦八苦する、というストーリーは面白いのに、本作は全然その良さを生かしきれてない気がした。よく使われる表現でいうと「まな板の上の魚は良いのに、料理する板前が下手」といった感じか。ヒッチコックならもっと面白くできると思うんだけどなぁ。

こうなりゃリメイクしてピアーズ・ブロスナン、ニコール・キッドマン主演で再映画化してください。リメイク版『サイコ』は悲惨な出来だったらしいですが…(本人未見)。それも当然。あれは元が手の施しようのない完成された有名な作品でしたからね。
でも本作『泥棒成金』なら知名度は高くないし、主題もいいし面白くなりそうじゃないでしょうか。以前に起こった犯罪と同じ手法の事件が発生するといったプロットなら『コピーキャット』とかでもかなり目にしましたが…。

それでも本作はウイットに富んだ会話が魅力の華麗でおしゃれな泥棒物語、というトコも今風でリメイクしやすくはなりそうです。なんてったってヒッチコック映画には珍しくリゾート地が出てきますから。

こんな風に個人的には微妙かな?と思った映画でも、自分なりに頭の中でリメイクするプランを練るとあら不思議!監督気分になるじゃないですか!\(◎o◎)/単なる妄想に過ぎないかもしれませんが、これなら映画の見方も少々変わってくるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/32-8096b398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。