上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/08/26(日) 22:27
チャップリンの『モダンタイムス』と『独裁者』を観た。

恥ずかしながらチャップリンじっくり最初から最後まで観たことはこれまで無かった。

もちろん面白い。しかしべらぼうに面白いわけではない。コメディ映画の原点なのは百も承知だが、数々の古典ギャグを前に無理に笑おうとしている自分がいた。

無理に笑おうとする自分・・・憎らしいものだ。

名作映画を鑑賞する度、これに似た現象は起こる。どこか肩肘張りながら「面白いんだぞ、これは」という自己暗示をかけている自分がいる。これは映画に限らず音楽、小説でもそうだが。


「もう自分に正直になろう」と何度も思いながらも、「イイと呼ばれるものはイイんだ」という呪縛にとらわれれてしまう。

悲しいことだがチャップリンの作品もそうだった。『市民ケーン』『カサブランカ』の時も同じだった。

しかし、古典名作と呼ばれる中にも幾度となく素晴らしい作品に出会った経験はある。『素晴らしき哉、人生』、『情婦』、『レベッカ』等・・・これらは名作というお墨付きがあり、尚且つアキオにびびっときた映画だ。こういう作品がまだ眠っているからこそ古典映画探しはやめられないのだ。もはやパラノイアか。


私は「古典映画の傑作」に出会える時を待ち続ける。いや、待っていてはダメだ。探し続けなくては。そういうわけでチャップリンの他作品もこれからチェックしていくつもりだ。

なんせあのチャップリンだ。『ライムライト』や『街の灯』『キッド』などは格調高い名作と聞く。

温故知新にますます磨きをかけなければ。


スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/298-99833289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。