上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
お待たせしました!!次は古賀・保育園編です♪

香椎に別れを告げた一行は、第二の目的地、古賀へ!香椎から古賀は普通電車で行ける距離なので割りと近かったです。


ここはファンのみなさんには説明する必要のない位に有名である卓偉の故郷!!あの名曲「福岡」(今回の旅のテーマソング)が誕生した地でもあります。

029.jpg



彼が住んでいた頃は古賀町で、今よりずっと田舎だったそうです。今みたいに自動改札機も無かったそう。



話を聞く限り、香椎に住んでいた中島一家は、卓偉が3歳のころに両親が離婚し、父が卓偉と兄を引き取ったので、この古賀に引っ越ししたそうです。


JR古賀駅

074.jpg





古賀駅の階段を一歩ずつ降り、やっと踏み入れた古賀の大地!ここが卓偉の愛した街。。。

相変わらず雨は降っています。が!京都や香椎の叩きつける様な雨と違い、雨がどこか“優しい”・・・。。

これは・・・と思い、早速あの曲をBGMとして流しました。そう、彼が古賀について歌った名曲「福岡」を!!!

“心が洗われるかのような 優しすぎる雨が降る”・・・。

異郷の地から訪れた私たちを祝福するかのような雨・・・。

031.jpg



もう真っ昼間にも関わらず男二人して「福岡」大熱唱ですよ!


さて、古賀駅を東に向かって市役所方面へしばらく歩くと左手に「古賀神社」を発見!!中島家もお参りしたのかな~

034.jpg




お賽銭ももちろん投げ、願うことはもちろんただ一つ。“卓偉のブレイク祈願”。武道館へいざ行かん!!



中島卓偉や中島顕治(父)、中島大哉(兄)の名前を探したが見つかりませんでした。

035.jpg





神社を越えてさらに進み、細い路地に入ると・・・遂にありました!!

『庄ひかり保育園』ですっ!!


038.jpg





もうお分かりかと思いますが、この保育園に卓偉が通っていたのです!正直鳥肌が立ちまくりでした。遊園地には申し訳ないですが、この感動は香椎よりも遙かに大きかったです

庄ひかり保育園ではこんなエピソードがあります。

普通の保育園の子供は夕方くらいになると親が迎えに来るので、おとなしく待っているのが普通ですが、卓坊は違いました。なんと、お父さんに申し訳ないと子供ながらに思い、ひとりで家まで帰ったという珍エピソードがあります。もちろん保育園の先生たちは大騒ぎだったとか!このD・I・Yの精神(自分のことほ自分でやるというパンクの根本精神)は園児から変わってないですよね(笑)

ほかにはお父さんから「俺が迎えにきたらライダーキックしてこい」と言われたらしいです。これは親が迎えにくるのが遅かったら泣いてしまうような甘ったれになるな、と。それが中島家の躾なんですね。




ここでは9月に再販が決定した『20's CALBORN』の中から「RAINBOW CHILD」をPLAY。なぜなら、この曲は卓偉少年が5歳の頃に生まれて初めて見た虹をテーマに作られた歌だからです!あまりの虹の美しさに不思議と泣いてしまったそう。

“あれは夏の夕暮れの土曜日 夕立ちもかまわず遊び疲れ 5時のチャイム聴きながら生まれて初めて見た大空を埋め尽くすRAINBOW (中略)涙を知ったのもあの頃 母親の愛も知らずに育った”


歌詞はとても20歳前後の人間が書いたとも思えない素晴らしい内容で、虹のことを「雨上がりの午後に必ず迎えにくる」と表現する(これは父親が迎えにくるという意味も含めているかも?)など天才的な言い回しを披露しているのです。

それだけではなく、子供時代の純粋無垢と、大人に成長するに従って失われてしまった“何か”についても書かれているので、単なる幼年期の回想記に留まらない高尚な作品になっています。

そんな「RAINBOW CHILD」を聴きながら『庄ひかり保育園』を撮影♪

041.jpg





盗撮してすいません。

039.jpg


040.jpg






卓偉の後輩と思わしき少年少女たちが教室の中でスヤスヤ眠っています。

「おまえたちの先輩はあの偉大なミュージシャン、中島卓偉なんだぞ、いい先輩をもったな・・・」と心で呟き、羨ましさのあまり心で泣きました。

そうそう,『傘をささない君のために』の歌詞カードにもこの保育園の写真が掲載されているので見比べてみてください(通常版は「ビルボード~」のページ、初回版はCause I Miss You)のページです)。

ちょうどこの時、雨が止んだので、雨上がりの午後の空に迎えにくるかな~と思っていましたが、さすがにそこまで上手くいきませんでした(笑)

卓偉の好きなミッフィーも飾ってやってください。


044.jpg




帰る前にビートルズの「ALL MY LOVING」を聴きました。この曲は卓偉少年がこの保育園で指パッチンしながらでたらめ英語で歌っていたナンバーです。卓偉だけでなくビートルズも聴くのがこの旅のミソです。

ちなみに卓偉少年はビートルズなどを片言の英語(でたらめ)で歌いまくったせいか日本語を覚えるのが普通の子より遅かったらしいです。

もうこうの頃からミュージシャンシップ発揮していますよね。さらば庄ひかり保育園!!

042.jpg

スポンサーサイト
コメント (5) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/284-57c10fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/22(日) 17:34 [編集]

なるほど、「RAINBOW CHILD」での“虹”は母親の代理表象とも考えられますね。勉強になりました!

マギーメイの「白の薔薇」という曲でも「夕暮れの空は今 あなたの涙色」という一節が登場します。卓偉くんの少年時代の回想には「夕暮れの午後」が外せないキーワードになっているのかな、と思いました。少年時代の原風景ってステキですよね♪
2007/07/25(水) 00:44 アキオ URL [編集]

懐かしい~

ども、こんにちわ。
私も中島さんと同じ古賀出身だったりします。
今でも実家は古賀で庄から大根川を挟んだ対岸にあります。
古賀駅、昔は平屋の駅舎で自動改札どころか自動券売機も無く、切符は駅員さんによる手売りでした。
いまじゃ、都会っぽくなってきてますが、昔は凄い田舎って感じでした。
2007/11/11(日) 17:48 ひろくん URL [編集]

ひろくんさん>返信遅れてスイマセン!古賀出身なんですか!?すごいっす!リスペクトします。

えぇ~切符も手売りですか?卓偉が言ってた通り、ほんとに田舎だったんですね!!

古賀はほんとに空気がおいしくていい街だったと思います、またいつか行ってみたい限りです。

コメントありがとうございました!
2007/12/03(月) 02:18 アキオ URL [編集]

No title

Unfortunately for the it of 12 this 4 that Shir?ª©'s joint of published DNA has journal to trace a copy clinical been proposed that the earliest from the use of use used RNA as to genetic material.
2011/01/07(金) 05:16 billi URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。