上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション
デヴィッド・ボウイ (2005/08/24)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


『ラビリンス 魔王の迷宮』

●あらすじ●
空想好きな15歳の少女セイラの前にある日突然、悪鬼ゴブリンたちと魔王ジャレスが現れて、赤ん坊の弟トビーをさらってしまう。トビーを取り戻すためには、迷宮の果てにあるゴブリン・キャッスルに13時間以内で辿り着かなければならない。はたして彼女は無事にトビーを取り戻すことができるのか!?


いかにも!って感じのファンタジー映画です。映像、音楽・・・どこを切っても80年代のオンパレード。

そう、80年代といえばファンタジー界の寵児であるスピルバーグとジョージ・ルーカスの両監督が一大旋風を巻き起こしていた時代。そんなワケで本作はルーカスのプロデュース作品です。

ぶっちゃけ、「子供だましの映画」と言われてもオカシクない作品なんですが、そこはバカにせずじっくり鑑賞しました。なぜならデヴィッド・ボウイが魔王役で出演しているからです★


ボウイが演技しているのは意外にも初めて観たんですが、カッコイイですね!やはり低い妖艶なセクシーな歌声の持ち主は普通に演技してもセクシーでした。女の人は100%堕ちるでしょうね。(ちなみに卓偉の「僕は君のオモチャ」を作詞した宮原芽映さんはデヴィッド・ボウイのファンらしいです!綺麗な方でしたよ)

『風林火山』のgacktといい、『魔界転生』のジュリーといい、昔も今もグラマラスな男性ミュージシャンは歴史モノが似合いますよね。

CGが今ほど発達していない時代の作品なので、妙な手作り感が楽しかったです。しかし、アナログな手法で美術を手がけるにはこのレベルが限界なんでしょうね。

この話はおそらく、アメリカのおとぎ話なんだと思います。ジェニファー・コネリー演じるヒロインが3匹のお供を連れて魔王を倒しに行く、というストーリーは、そのまま日本のおとぎ話の代表格・『桃太郎』に置き換えることができるので。



びびっと★評価 ★★☆☆☆ デヴィッド・ボウイのモッコリに2点献上。













スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/280-2d751bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。