上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
『僕は君のオモチャ』の曲タイトルがUPしたぞい!!

01.恋の一方通行
02.そのままで
03.It's up to you(きみしだい)
04.ABSTRACT(完全な相関性)
05.僕らのヒーロー
06.僕は君のオモチャ
07.テレビジョン

タイトルと同じく曲名たちもエキセントリックだ!

卓偉はエキセントリック少年ボウイ!?

そして01.「恋の一方通行」と05.「僕らのヒーロー」が先行試聴できるようになった(ワンコーラスだけ)。

01.「恋の一方通行」

イントロのギターフレーズが神!!このリフ!このディストーション!ROCKなTAKUIが帰ってきた!!やっぱりこの男の声にはバンドサウンドが似合うと思わざるを得ないオープニングだ。

曲調はパワー・ポップで、サビになるとオンリーロンリー!と歌うキャッチーなメロが炸裂!誰にでも理解できる、そういったポップセンスが詰まった最高のポップROCKナンバーだ。

05.「僕らのヒーロー」

オープニングはプリンスやマイケル・ジャクソンなどのR&B(ディスコ?)的アプローチが新鮮。そのブラックな横ノリなサウンドに乗っかるのがSEXYな卓偉の低音ボイス。新境地だ。

しかし、サビになると今風のタテノリ・ディスコ・ビートのポップスになるのが面白い。なるほど「僕らのヒーロー」は“踊れる”ディスコ・ソングを卓偉なりに解釈した楽曲なのか。

その開放感溢れる爽やかなサビがこれまたPOP、いやドPOP。このメロディー、そして歌詞、自分的には大ヒットだ。「俺はこんな歌を待ってたんだ!」とKYOTOタワーの屋上から叫びたい気分になる(全裸で)


・・・・以上、二曲とも洗礼されたメロディーと楽曲アレンジがバランスよく融合し、新たな中島卓偉フォーミュラを構築しているのが一聴して伺える。

卓偉が「良い歌詞、良い歌、良いメロディー、良いアレンジがればジャンルなど関係ない」とひんぱんに口にしていたことが思い出される。

今回先行ナビゲートされたこの二曲は、正ににその言葉通りの出来となっているのだ。大衆に支持されるポップスとは正にそういう音楽なのだろう。

TAKUI時代に培ったロックン・ロール・アンサンブルと、中島卓偉に改名してからのポップさが随所に感じられる作風なだけに、この『僕は君のオモチャ』は新旧ファンから歓迎されること間違いナシだ。

001222_b.jpg

スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/228-b8699aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。