上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
中島卓偉 New Album

『僕は君のオモチャ』

2007/05/09発売

初回生産限定盤[CD+DVD] \2800
通常盤[CD] \2100

※初回生産限定特典
DVD:PVメイキングと「REBORN THE COUNTDOWN 06-07」のライブ映像「蜃気楼」収録

・・・いや、やってくれました、先生。つくづく中島卓偉の先を読むことは愚かなコトだと思い知らされる。

しかしながら、この『僕は君のオモチャ』
というタイトルには驚きを禁じない。この奇妙な題名は前回の『傘をささない君のために』収録曲の「イミテーション・ボーイ」の歌詞の引用、という事だけはわかるのだが。

それにしてもなんてエロスなタイトルなんだろう・・・。「大人への誘い」と題したツアーに代表される、2006年から引っ張ってきた“アダルト路線“が今作で確実に大地に根を張ることになるはずだ。勿論、今年で29歳という年齢も関係しているだろう。

だが、目指す方向性は一口に“アダルト”といっても吉井和哉(元イエモン)のそれとは違う。
間違っても吉井が持っている様な“妖艶さ”ではない。そもそもセクシャリティが乏しい童顔な彼には無理な話だ。

彼が目指す“アダルト男性像”は年上のマダムを虜に出来る「カワイイ」路線である。

それこそ「イミテーションボーイ」の歌詞中にあるような“もてあそばれる年下男”像が理想となるモデルだ。そもそも29歳といえば少年っぽさと大人っぽさが同居する何とも熟女には魅惑的な年齢ではないか。

この通り、「自称、マダム・キラー」である中島卓偉らしいイメージ作りだと思う。実際、改名し、この路線に変化してからファンの年齢層はグッと上がったことも否認しがたい事実だ。

年下男性がブイブイ言わせている昨今、『僕は君のオモチャ』というタイトルは時流から外れているかもしれない。しかし、中島卓偉というアーティストのパブリックイメージは紛れも無く時流に乗っているということを忘れないでほしい。




20061002_212963.jpg

スポンサーサイト
コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/226-f48ea3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/11(日) 20:13 [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。