上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/03/05(月) 20:34
『ステイ 』2006年公開作品

監督:マーク・フォースター
キャスト:ユアン・マクレガー, ナオミ・ワッツ, ライアン・ゴズリング


豪華キャストの割りには大して話題にもならず、ひっそりとDVD落ちした作品。

あらすじ:精神科医サムの前に予知能力を持った鬱病の美大生ヘンリーが現れる。ヘンリーは「3日後に自殺する」と残し、突然姿をくらました。その直後からサムの周りで現実と幻が交差する奇妙な現象が起こり始める・・・。

トリップ感を醸し出すためか、カットとカットのつなぎが非常に凝っている。というか、「つなぎ」はなく、カットからカットへと暗転を挿入せず、連続して繋がっているようにみせている。この手法を使うことにより、時間軸、場面設定も制限なく飛び越え、さらにはデジャブを映像化することにも成功しているのだ。

観ているものを迷宮へと迷い込んだ感覚にさせられる(本作のテーマでもある)映像には実験的な手法がふんだんに取り入れられていることがわかるだろう。

しかし、映像に力を入れすぎたのか、プロットが弱い。そういう意味では『惑星ソラリス』『トラフィック』などのスティーブン・ソダバーグ作品にも通じる部分がある。あとキューブリックの影響もチラホラ。

衝撃のラスト!とパッケージに示してあったが、「あぁ~またか」といった感想を抱いてしまい、絶句した。期待しすぎると痛い目に遭うだろう。

むしろオチを咀嚼した上でもう一度観てみたら初見よりは面白く感じられるかもしれない。全体的に緩いアンビエントなムードが支配する作品なので、かなりの集中力を要するだろうが。

このマーク・フォスターという監督は『チョコレート』や『ネバーランド』などを手掛けた監督。『ネバーランド』でもそうだったが、テーマ自体は興味をそそられる内容だが、それを上手く料理できていない気がする。本作もそう、あらすじを読む限りでは期待できるが、観た後には何も残らない。

映像主義の監督ならば金輪際、商業映画の仮面をかぶるのはやめていただきたい。ミュージッククリップかCMでも撮っとけ!!

びびっと★評価 ★☆☆☆☆ 一点!STAYsub2.jpg

スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/222-e8d9eafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
オオブタ&コブタ視線ですまずオオブタの視線から恵比寿ガーデンシネマでユアンマクレガー主演の「STAY」を見てきました。未来を予知する青年と出会った医師は何が現実か解らなくなりながらも、青年を救おうとする話です
2007/03/06(火) 09:53  コブタの視線
コメント

これは 一応劇場公開を単館で公開はされたんですよね!
コブタは、わざわざ恵比寿まで観に行った記憶があります。

映像的にはかなり面白かったですよね!
でも このオチはもうかなり使いつくされた感もあって、新鮮味を感じないものになりましたよね。
まあまあ面白いとは思いましたが、なんか心の中で盛り上がるものが感じられない作品だと私は感じました。
2007/03/06(火) 09:50 コブタです URL [編集]

コメント&トラバありがとうございます! あのラストのせいで鑑賞後、比類なき脱力感を覚えてしまいますよね!スタイリッシュ・サスペンス、というキャッチコピーには興味をそそられるんですが…これはやっぱり話題にならなくて当然の映画ですね(笑)
2007/03/10(土) 00:24 アキヲ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。