上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
 今年を振り返ってみると、「キリスト教」を知ったことが大きかった。それ以前は全くの無知であったのだ。
 そもそもはミステリー作家でもある、阿刀田高さんにハマリ、『新約聖書を知ってますか』(新潮社)を読んだのがそもそもの始まりだ。そこからしばらくキリスト教というものにドップリ浸かってしまった。

 そこで今回紹介するのが『パッション』である。2004年の作品で、監督はメル・ギブソン。イエス・キリストの受難(パッション)を描いた衝撃作。

 本作は様々ないわくつきの問題作だ。テーマがテーマだけに監督が製作に乗り出すも、どこの大手のメジャー映画会社が出資をせず、結局メル・ギブソンが自費を払って製作開始。その後なんとか完成にこぎつけたが、今度はどの配給会社も公開を名乗り出ない事態に!が、なんとかインディペンデント会社のニューマーケット・フィルムズが配給権を獲得した。
 
 とあるキリスト教圏の国では、あまりにも残酷な拷問シーンを観た観客がショック死したという。そんな話題も先行し、全米では公開後、センセーショナルを巻き起こし大ヒット!歴代興行成績ランキングのトップ10に食い込むほどだった。

 日本では鳴り物入りで公開してたが、“サムライマン”である私たちにはキリスト教などそれほど興味はなく、あまりヒットせず、ひっそりと公開終了を迎えた。

 なので本作はキリスト教について、ある程度精通してないと全く理解できないはずだ。“世界一のベストセラー”「聖書」であろうと、日本人の私たちにとっては生きるうえで必要のないものかもしれない。もし興味を持ったならば冒頭に登場した『新約聖書を知ってますか』を読んでみるといいでしょう。

結論をはっきり言おう。この映画は決して面白くはない。映画にエンターテイメント性を求める私にはどうしても好まない映画だ。
キリストの磔のシーンの残酷さが話題を呼んだだけの映画なのだ。映画にエンターテイメント性を求める私にはどうしても楽しめなかった。

 時折挿入されるイエスのフラッシュバックとも思わせる、回想シーンもなんだか中途半端である。また、延々と繰り返させる拷問シーンは観ていて確かに痛々しいが、それも何故か途中から退屈になってしまった。

そしてキリストの「復活」のシーンは流石に何かあると思いきや、あれっ?これで終わり?と、思わず大きな肩透かしを食わされてしまった。

この映画が全米で大ヒットした理由は、ただの「怖いもの見たさ」ではないのだろうか。磔のシーンの残虐さで観客にショックを与える。そう考えれば、本作はある意味、ただのホラー映画とも思えなくもない。
 観客を驚かすだけ驚かしておいて、観終わった後には何も残らない、といったスタイルはホラー映画そのもの。キリストを題材にした映画だけあって、明確なメッセージ性が無いに等しいホラー映画とは全く別物だが、そんな観客の心理だけを利用した陳腐な映画に思えた。

 イエスを主題にした映画を観るなら、私は本作よりも『最後の誘惑』(1988年・マーティン・スコセッシ監督)を遥かにお薦めしたい。こちらの作品は史実に正確に基づいてはいないものの、ヨハネの洗礼シーンなど駆け足ながらであるが、キリストの生涯を描いている。エンターテイメント性もあり、意外性もあるので映画的には断然面白い。
 

 
 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/21-fe5af996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。