上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
幼馴染みでもあり、バンドのヴォーカリストでもあるTAKA(仮名)くんがこの前、陸上の試合で福岡を訪れた時に・・・

なんと路上で中島卓偉の『福岡』を歌っている輩がいたそうだ!!

ヤバイ!びびっと☆キタ! かなりレアです。

ただでさえ、卓偉を知っている人口なんてほんの僅かなのに!!

福岡で『福岡』を歌うのですか?カッコよすぎます!でもちょっとオモロイかも(笑)

ではここで記念として『福岡』が生まれた経緯をお教えしましょう。参考資料として,卓偉のファンクラブの会報である[BEAT&LOOSEvol.14] を使用します。

・・・・福岡の某テレビ局の企画により、故郷である福岡の古賀市に20何年振りに戻った中島卓偉。しかし、そこには彼が幼い頃に生活をした家は既に無くなっていた。また、驚いたことに家の周りの景色やガードレール、そして空の色や風の匂いだけは、全く20年前と同じだったという。

家族、そして父との思い出で溢れた家の跡地をみつめる卓偉はふと、この事を母親に伝えるために連絡する。

その後、母親は卓偉の兄である中島大哉氏に、同じようにこの事実を伝えたのだが、兄は「知ってたよ。もう家がねぇことは」と電話越しに答えたそうだ。

家が無くなっていたことは随分前から知っていたと言う。そう、兄はたった一人でこの地に辿りつき、「そら」になった中島家を知ったのだ。

なぜ兄は卓偉にこの現実を告げなかったのだろうか。

恐らく、ミュージシャンになる夢を実現すべく、幼くして上京した卓偉少年にとってこの事実はあまりにも残酷だ。ただでさえ父親も亡くしているのに。家が失われていた現実を弟に告白しなかったのは兄なりの不器用な優しさだったのだろう。

兄と喪失感を共有した卓偉はこの出来事を一つの歌にしようと決意する。それが『福岡』だった・・・。

・・・という非常にパーソナルな歌なんです。う~ん、えぇ話や!!

卓偉って自他共に認めるプライドの高い、男気溢れるミュージシャンなんだけど、彼の口からは家族や福岡や父親などの私的なエピソードが頻繁に出てくる。実際は人一倍、弱くて淋しがり屋なんだと思う。

僕は彼のそんなとこが大好きです。


viva.jpg

スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/184-a6c10442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

いつも 感動して読んでいます。

はじめまして
このブログを読んで泣き、福岡を聞いて泣き、私もそんな卓偉が好きだと泣きました。良い話しを知りました 本当にありがとうございました。毎回楽しみにしてます。
2006/12/04(月) 19:44 K URL [編集]

コメントありがとうございます

こちらこそありがとうございます。これからもこんな風に卓偉エピソードを書けていければいいな、と思います。卓偉はホントに親思い、家族思いの最高のROCKERです。
2006/12/06(水) 05:07 アキオ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。