上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
VWDS-3624.jpg


 今日ご紹介するのは伝記映画。映画への深い愛情が感じられる作品です。その名も・・・
『エド・ウッド』

あらすじ 映画監督志望の青年エド・ウッドはとんでもないC級映画を世に送り続けていた。そんな折、往年のドラキュラ映画の俳優べラ・ルゴシと出会い、二人で映画を作ろうとするのだが・・・実在した「史上最低の映画監督・エド・ウッド」の奇想天外な人生を映画化。

 1994年の作品で監督はティム・バートン。キャストはジョニー・デップ、マーティン・ランドー。あと『SATC』のサラ・ジェシカ・パーカーも出てます。

この映画、なかなかお薦めなんですが、全編モノクロ映画で少しとっつきにくいかも知れません。

 エド・ウッドという監督は実在していた人物で、かの迷?作『死霊の盆踊り』に代表される、伝説的「クソ映画」を作ったダメ監督なのです。
が、近年、そのクソ映画監督ぶりが称えられて、ゴールデンターキー賞とやらが与えられ(映画史上最悪の映画に与えられる賞)。一部のマニアからオカルト的人気を博してるという噂。

そんなきっかけを作ったのがこの『エド・ウッド』、そしてこの監督でもあるティム・バートンの功績であるのは疑う余地はないですね。

そんなサイテー監督の伝記映画を、なぜ、文句なしの僕的サイコー監督・ティム・バートンが多少美化してまで、愛情たっぷりに描いたのでしょうか。

 この頃のティム・バートンは一連の大作・『バットマン』シリーズを手掛け、売れっ子監督になったけどハリウッドの業界仕組みにウンザリしてた頃だと思う。

 そんな時、自分の立ち位置に疑問を感じ、その答えを見つけるべくこの『エド・ウッド』のプロジェクトに着手したという気がしてならないのだ。

この作品を撮って迷いは吹っ切れたのか、この次の監督作『マーズ・アタック』は大物ハリウッドスターを惜しげもなく殺しまくる、やりたい放題の痛快なおバカ映画だった。

アンチ・ハリウッドと思わせるこの映画は、良い意味でエド・ウッドの精神が乗り移った映画で、―失敗なんか気にせずに自分のやりたい映画をとるぞ!―という、高らかなティム・バートンの第二ステージの産声に聞こえたのだー!!oh!久々に熱く語ったよ~!

 映画の中身にそろそろ入っていきます。
ここまで聞くと、どんな最悪な監督なんでろう?と観る前は感じるはずですが、始まってすぐ、エド・ウッドの人格の良さ、人望の厚さに魅力を感じるはずです。

そして僕がこの映画の中で一番びびっと!vividしたのは、昔は人気ドラキュラ俳優だったのに、今や落ちぶれて自分の棺桶まで選んでる老俳優、べラ・ルゴシとの「友情」。ボク、この友情に正直泣きそうになってしまった。 ルゴシは例えギャラがほとんど無くとも、おそらくC級映画になるのを知ってるのに最期までエドの作品に出演し続けた。そこにはお金じゃなく、「真の友情」と「コイツならやってくれる」という信頼関係があったからコソなのだ。

 このエド・ウッドとルゴシの監督と俳優の関係、理想的です。
監督のティム・バートンと主演のジョニー・デップもきっとそんなナイスな関係なんだろうな~とニヤニヤと僕は考えてしまった。
 
 この映画はエド・ウッドの一番油の乗ってた時期にスポットを当てて描いてます。ではその後のエドウッドはどうなったのでしょう。彼は晩年、製作した映画がすべて最低最悪の出来だったためポルノ映画監督になってしまったのです・・・そして、貧困のうちに没してしまいました。

 伝記映画は、主人公の“ゆりかごから墓場まで”を描くパターンもありますが、この映画は人生ずーっと駄目だった人が、まだ一番輝いてた時期にスポットを当ててます。そこらへんがまたニクイし、見たあと、妙にすがすがしい気分になる理由なのではないでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/17-b5e043ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。