上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2005/11/22(火) 21:08
2.jpg


最近、70年代、80年代の映画が続いてたので、久しぶりに新作映画について書いてみましょう。今日は・・・今夏、最大の話題作だった、
『宇宙戦争』です!!
 
 僕は映画館に観にいったのですが、つい最近DVDが発売になったのでこのタイミングで書いてみます。

あらすじ 世界各地で異常気象が発生。港湾労働者のレイが住むアメリカ東部の街でも奇怪な雲が立ちこめ、異星人の襲来する。レイは、別れた妻から預かったふたりの子どもを守りながら、必死に逃走。しかし異星人の力は強大だった・・・HG・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。

 今年のサマームビーを改めて今、思い出してみると『スター・ウォーズ・エピソード3』と『宇宙戦争』のSF映画対決が早くから話題になってましたよね~。ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの巨匠対決としても注目を集めてました。さて、どちらがヒットするのか?
 
 結果は『エピソード・3』の圧勝でしたね。『宇宙戦争』は期待ほどの成績は残せませんでした。でも普通に見れば大ヒットです!全米の年間興行ランキングでは『エピソード・3』に次ぐ、2位ですからね!

 さて、ここらで肝心の中身について語っていきましょう。
 
 観る前から宇宙人がちょっと・・・など、良くない下馬評を聞いてたのですが、内容はそんなに悪くないです。僕はそう思いました。

 とにかく街が襲撃されるシーンは凄すぎる!!どうやってこんなの撮ってるんだよ!と、思わず突っ込みたくなる程素晴らしい。スピルバーグしかこんなの撮れないですって!

 この映画は大画面で観るのが一番ですね。チっこいテレビで観てもこの本来の迫力は絶対伝わらないです。これは断言してもよい。

 なので今作はDVDなんか発売しなくてよい。たまにはそういう風な映画もあったほうが案外いいんじゃか?公開前に「この映画はDVD発売しません」という見出しをドデカク書いた方がヒットしたりして。

 主要キャストはトム・クルーズ、『アイアム・サム』のダコタ・ファニング。トム・クルーズは「何を演じてもトム・クルーズ」といった印象は今回も変わらず、ダコタ譲は甲高い叫び声だけが印象に残りました。
 
 あと2003年にオスカーを受賞したティムロビンス出演してます。重要な役か?と思いながら、期待して観てたんですが、ガッカリする程、しょうもな~い役で出演してます。
  
この『宇宙戦争』、この作品のポスター、CM、劇場予告編を観た瞬間、「駄作」と感じた人は多いんじゃないかと思います。

 実際、僕も「『宇宙戦争』観にいこうぜー」と多くの友人に誘ったのですが、ほとんどの人に断られました。(いや、俺が嫌われてるとかそういうワケじゃないのよ!!たぶん)

 その理由を聞くと、「なんか面白くなさそう」、「あれは絶・対・駄・作」
SFキライ」など様々な意見がありました。

 SF好きな僕としてはショック!!でした。最近の若者はあまりSFを観ないのでしょうか。(『スターウォーズ』はシリーズモノだとして)ただ単にこの映画だけがダメなのか?『アイランド』も大コケしたぞ!とか、そのような事実に遺憾に思いながら劇場へと足を進めました。

 そんな僕は家族と一緒に行きました。劇場内を見渡すと「年齢層が高い!!」オヤジが特に多かった!若者はポツリ、ポツリ程度。

「そうか、オヤジはSFが好きなのか、そうか、そうなんだ」と、この時は勝手に仮説を立てながら鑑賞しましたとさ。ちゃんちゃん。

 適当に終わらしましたが、このSF談義はこれからも僕の中で続いていきそうですね。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/15-4db982b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「宇宙戦争」 (2005) 米 WAR OF THE WORLDS監督:スティーヴン・スピルバーグ製作:キャスリーン・ケネディ コリン・ウィルソン製作総指揮:ポーラ・ワグナー原作:H・G・ウェルズ脚本:デヴィッド・コープ ジョシュ・フリードマン撮影:ヤヌス・カミンスキー音楽....
2005/11/25(金) 13:39  ★☆カゴメのシネマ洞☆★
コメント

宇宙戦争

あの映画はどこで評価したらよいのかわからんけど…途中で見るのをやめようかと思うほど総合的に駄作の香りを放っていた…
2005/11/24(木) 11:30 モン② URL [編集]

TBさせてくらさい

検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

余計な親子愛など挿入しなければ、
もっと単純に楽しめたのに残念な作品になってしまいました…。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)
2005/11/25(金) 13:46 カゴメ URL [編集]

はじめましてheavenly-blogs-のサクカです今晩和。
先日はトラバ有難う御座いました!気づくのが遅れてごめんなさい。
スケルツオツアー私はいかれなかったのですが、最高のツアーだったようでなんだか嬉しいです。
これからも時々訪問させていただきますので、よろしくお願い致します。
2005/11/25(金) 19:12 サクカ URL [編集]

モン②さん>駄作の香りがプンプンしてたましたねぇ~

カゴメさん>TBありがとうございます。親子愛とか全く力いれて描かれてなかったですね。日本版のポスターにはやたら「親子愛」が押し出されてましたが・・・

サクカさん>スケルツオツアーは哲の元気な姿が見れて楽しいツアーでしたよ!またきてくださいね。
2005/11/26(土) 01:25 アキオ URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。