上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/04/20(木) 04:55
ラブリィー!!!ラブリィー!!!ラブリィー!!!(きゃー!)

別に頭がフレンジーしたワケではない。この作品の中のワン・シーンを記しただけである。

私の最も尊敬する映画作家、アルフレッド・ヒッチコックの傑作、『フレンジー』を鑑賞。 フレンジー(frenzy)とは,狂乱、逆上という意味を持った言葉である。語感的に響きがいい。びびっとキタ。

『フレンジー』(1971 イギリス)

監督・製作/アルフレッド・ヒッチコック
キャスト/ジョン・フィンチ、アレック・マッコーウェン、バリー・フォスタ

●あらすじ●ロンドンでネクタイを凶器に用いた女性連続殺人事件が起こり、別れた妻を殺されたリチャード(ジョン・フィンチ)に容疑がかけられてしまう…。

ヒッチコック晩年の作品である。さすがに全盛期のキレは無くなっているものの、まだまだ巨匠健在を存分にアピール。

監督特有のブラックユーモアは毎度ながら素晴らしい。それプラス、今作はあらたに「グロさ」を追求している。 グロテスクなのは、殺人シーンだけではない。「グロさ」は何気ない日常に幾つも潜んでいるものなのだ。

『フレンジー』はサスペンス映画にも関わらず、「食べ物」が頻繁に画面上に映しだされる。よって本作は残酷な殺人シーンと、適度にユーモラスな食事のシーンのコントラストが実に絶妙である。又、「食」に関するサブジェクトは無慈悲な暴漢シーンを中和させる作用を働かせているのだ。このメリハリが映画のリズムをもたらし、観るものをひきつける。

あるブドウは苛立っている男の足で踏み潰されたりし、事件を担当する刑事のフランス人の妻の手作り料理はまさにグロテスク。それもその通り、メニューはブタのヒズメや、アヒルの子供やら・・・キテレツ具合は常人ではない。

この刑事は決してどの料理も「マズい」とは口にしていないのにも関わらず、観客に映像だけでマズそうに見せたのは、文句無しにヒッチコックの手腕だろう。

ヒッチコックはサイレント映画の利点を活用し、セリフに頼らずに映像(視覚効果)のみで、観客に妻の料理への嫌悪感を漂わせた。冗談抜きで今にも画面から匂いが漂ってきそうである。

無論、殺人シーンの演出もヒッチコックらしさが炸裂している。
この映画は冒頭15分で早々と犯人を観客に教えてしまうのだ。その後は連続絞殺魔である犯人と、殺人の容疑を着せられ警察に追われる男、そして事件解決に奔走する刑事、その三者の視点からカメラは追いかける。

普通の謎解き映画ならばラスト、もしくは終盤まで観客に犯人の正体を教えないのが筋だろう。しかしヒッチコックはそれを逆手に取り、観る者に情報を与えることで、犯人側の焦りや心理描写でさえも観客に伝播することに成功した。よって物語が幅を利かせ、サスペンスの効果が倍増するのだ。

犯人がトラックに死体をつめこむシークエンスはこの手法あったからこそ生まれたのであろう。私はこの箇所を本作でのベストシーンだと勝手に断言する。あのトラック内でのスピードとスリルの興奮の連続はたまらない!

だが、欲を言うならできればもう少し、犯人の内面について深く切り込んで欲しかった。どのようにして性的マニアックになったか、なぜ凶器に“ジェントルマン”の象徴でもあるネクタイを使ったか、etc・・・。

まぁ、やはり見せ方がウマいので余り気にならないのも事実。とにかく「食」と「ネクタイ殺人」の異色コラボレートが強烈だった。

冒頭で書いた「ラブリィー!!×3」とは、犯人が第一の殺人の際に発する言葉である。この男はネクタイで女の首を絞めつけながら「ラブリィー」と何度も何度も繰り返し、死に至らしめる。うむ、恍惚状態のサイコ野朗だ。

『フレンジー』の評価 ★★★★☆ 胸を張っておすすめできる映画である。ラブリィー・・・






qndvovwiw.jpg

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dooms446.blog33.fc2.com/tb.php/106-ec1b3488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/21(金) 18:22 [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。