上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
「もっとそばに~It's a real love」の…

“いずれ必ず追い風になる 今は冷たく吹きつけていても 信じていたいのさ この瞬間を”

という歌詞がすごく好きだ。

向かい風に逆らって納得できないことばかりの毎日。でも、いつか必ず追い風が来ることを信じるしかない。そんな期待なのか、祈りなのかも解らない「ひとりになることが怖かった」の英詩に似た歌詞だと思う。

向かい風に逆らっても、追い風に吹かれても、“すべてはきっと風の中”の出来事かもしれないが、それが人生というものなのだろう。
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
本日中島卓偉初のコンセプトフルアルバム、『STARDUST VOX』がリリースとなります!もちろん僕は 昨日フライングで買っちゃいましたが!

さて、感想ですが…毎度のことながら「よい」。グッジョブ、鈴木賢二と言ってあげたい。ジャケットも優雅。

どの曲もポップでキャッチー!相変わらず三分程度の尺で、無駄な贅肉を一切省いたシンプルな楽曲のオンパレード!
曲間も短くて一気に12曲通して聴けるでしょう。

いまのところ、好きな曲はトップランナー、オクトパスソルジャー、LILY、もっとそばに~It's a real love~かな♪

今年の夏はこれをBGMにして色んな場所へドライブしたい感じです。海に行ったり、星を眺めに行ったり・・・!ひょっとして卓偉のディスコグラフィーの中でも、一番ロマンチックなアルバムなんじゃないでしょうか。

さて、毎回恒例の全曲レビューですが、もうしばらく後になりそうです。またじっくり時間をかけて書きたいと思います。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
卓偉が表紙を飾った!
卓偉が表紙を飾った!!
卓偉が表紙を飾った!!!

20080721000630.jpg


どうも。たぶん将来、自分の子供が二足で立ったら同じように興奮するであろうアキオです。

そうなんですよ、卓偉さんが音楽雑誌の表紙を飾ったのです(卓偉氏が本誌以外に以前、何かの表紙を飾ったことがあるかどうか知ってる方はコメント下さい)!!
『rooftop』というフリーペーパーです。全国のライブハウス等の場所に置いてあるのでぜひ手にとってみてください!

巻頭インタヴューもすごい充実ぶりです。新作「STARDUST VOX」へ込めた熱い想いが伝わってきます。本誌の編集長である椎名宗之氏と卓偉のインタビューは以前から注目していたのですが、今回もまた素晴らしい!webでも読めますのでコチラからどうぞ→http://rooftop.seesaa.net/article/101887168.html

椎名氏の卓偉への評価はレコ評からも熱いものが伝わってきます。こちらはwebには載ってないので雑誌から引用しました。

『中島卓偉はプロのロックリスナーである。彼と取材を通じて会うたびに楽しみなのは、彼と話す古き良きロック談義だったりする。洋の東西も今昔も問わず、バディ・ホリーからレディオヘッドまで彼のロックに関する博識はとても凄まじく、自らの作品を語る際にもそのロックの知識が判り易い喩えとして引用されることが多い。その話を聞く度に僕は思わず頬が緩む。大好きなロックを熱っぽく語る彼の眼差し真剣そのもので、ロックを自らのアイデンティティとしていることが如実にうかがえるのだ。
 本作には疾走感あふれるロック・チューンやハードなリフで押しまくるパンキッシュなナンバー、切々と唄いあげるミディアムバラッド、そして純度の高いラブソングといつもながらにヴァラエティに富んだ全12曲が収録されているが、通底するのはロックに対する限りない愛情である。だから僕は中島卓偉の歌を信用できる。ロックに刻まれた男が体現する真摯な歌に不純物が含まれているはずがないのだ。』(rooftop編集長:椎名宗之)


どうですか?なんだか自分が褒められている様な気分です。ここまで中島卓偉を買ってくれている記者の方がいるなんて嬉しいじゃありませんか。プロのライターでさえも唸らしてしまう卓偉のロック知識・・・。結局、プロのロックシンガーはプロのロックリスナーということなんですね。ロックの世界は温故知新の精神がなければ決して進めないのだ!と。

そんな各メディアから大絶賛を受ける中、満を持して23日にニューアルバム「STARDUST VOX」がリリースされます!あと数日です!それまではこの雑誌を眺めてワクワクドキドキDESTINYな気分に高めておきます。
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
アキオ地元である、京都・宇治で野外ロックフェスティバル“京都大作戦”が開催され、2日目の方に参加してきました。もちろんお目当ては地元宇治を代表するMOLE HILLとJUN SKY WALKER(S)です!

ジュンスカのSET LISTは
1.全部このままで、2.歩いていこう、3.いつもここにいるよ、4.声がなくなるまで、 5.スタート、6.すてきな夜空、7.マイジェネレーション(10-FEETのタクマ氏とマキシマムザホルモンのダイスケ氏が飛び入り参加)。

ジュンスカという伝説的なバンドを、それも地元で見れるなんて非常にラッキーでした。
天候にも恵まれ、「歩いていこう」の“こんなにキレイな空だってちゃんと見える”という歌詞が最高にマッチしていましたね~。それにしても宮田さんは若々しかったなぁ。声のノビも凄かったです!

サブステージに登場した我らがMOLE HILLの演奏曲は、1.新曲、2.現在は今、3.ひとつだけの笑顔、の3曲でした。30分にも満たないあっという間のステージでしたが、オーディエンスとの一体感が凄まじく、メンバーの嬉しそうな顔が特に印象的でした。確かに自分が生まれ育った町での大規模なフェスティバルに出演できたなんて感無量でしょうね。来年は是非メインステージで二万人の前で演奏してくれよ!

そんなこんなの野外フェス。思いっきり日焼けしたんで、今晩はお風呂に入るのがちょっと怖いです。
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
遅れてスイマセン!二部のライブレポ完成です。

“NONTALK!! NONSTOP!! LIVE Vol.2”と名付けてあるだけあり、今回もMCナシの畳みかける超・白熱のライブでした!

SE 「OCTOPUS SOLDIER」

「ハードでカッコイイ曲だなー。誰だろ!?洋楽っぽい」と思ったら、そこに乗っかっているヴォーカルは卓偉の声!新曲だと気付く。

「嘆くも蒼い地球で」

VIVA ROCKからのオープニングナンバー。約4年前の“VIVA! LA ROCK ON TOUR”以来である。また聴ける日が来るなんて・・・。

「ROCK THE FUTURE」
フェイントで違う曲が来るかと思ったが、アルバムに忠実な流れで突入。前曲と歌詞がリンクしているのを改めて思い知る。

「FEED BACK'78」
「やめればいいさ 意味がないなら やめてはじめて気づくこともあるさ」という歌詞に私はいつもハッとさせられる。華原朋美の迷(?)曲「あきらめましょう」の歌詞とはまた違うんだな。

「ROCKIN' PROPOSE」
『POWER TO THE MUSIC』より。この曲も結構久ぶり。LINKIN PARKなどのミクスチャーバンドのヘヴィネスな部分と卓偉が持つ歌謡曲的嗜好が合体した楽曲。

「だったらひとこと言わせてよ」
05→06のカウントダウンライブの際に見られた「come on!」と卓偉が叫ぶDJ的な煽りが見られなかった。

「POWER TO THE MUSIC」
四つ打ちビートがフロアに響き始めたらこのロックナンバーの幕開け。それにしても『POWER TO THE MUSIC』から三曲連続はマニアック過ぎる。

「NOBODY KNOWS」
個人的に久方ぶりに聴けたので嬉しかった。パブロと卓偉のツインギターソロがミモノ。

「(It's gonne be)OK」
CDよりテンポは若干早め。この曲が作り出す一体感が毎回好きだ。

「太陽が沈む前に」
野外フェスでこの曲を演奏してくれたらどんなにカッコイイだろうか、と都内のライブハウスで思う私。

「BLACKSIDE IN THE MIRROR」
廃墟について歌われたロカビリー。

「LILY」
新譜からの新曲。「テレビジョン」を想起させる抒情的なバラード。“ごめんよ”と愛した人に囁きかける歌詞が印象的で、卓偉もこんな歌詞を書けるようになったのかと驚いた。もちろんイイ意味で。

「明日はきっと風の中」
PV撮影をした一部の演奏よりもテンポアップしての演奏。本当にシングル向きな楽曲です。

「NO MORE NO DOUBT」
サラリーマンの生活を面白おかしく歌ったファンクナンバー。

「トップランナー」新譜からの疾走感あふれる、“ど”パンクソング。

「TO THE MAX」
やっぱり歌詞がいいよね。一心不乱に生きていく人間は素敵です。

「ヒキガネ」
CDでのラテンテイストは抑えめでロックな仕上がり。

「トライアングル」
意外な選曲にイントロのドラムから歓声が!

「FREE FOR FREE」
本編ラスト。炭酸飲料のCMに今更だがドコか起用してくれないだろうか。。。「ミロ」でも可。


「LOVE MERMAID」
アンコール一発目の曲はニューシングルを持ってくることが多いのはどのアーティストも同じ。卓偉の手拍子の指導もあり、一部よりも観客との一体感が増した。

「HELLO MY FRIENDES」
サッカーをモチーフに描かれた夏ソングなのに、なぜか栃木県の高校野球のテーマソングに選ばれたエピソードを御存じだろうか。

「コードネーム1091」
唯一、前回(4月)のライブと重複したロックンロール。



・・・と、こんな感じに新曲も懐かしい曲も久ぶりに聴けた曲もあって大変満足できたライブでした。アルバムリリース後はツアーが控えており、当分こういったアルバムに縛られない企画モノライブは無さそうですが、また機会があれば開催して欲しいです。そん時は大阪でもね!
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
遅くなりましたが、中島卓偉の原宿アストロホールでのライブのレポートです!一部がファンクラブ限定ライブで、二部がレギュラーラジオが主催の二部構成のスペシャルライブ!ちなみに開演前のSEはビーチボーイズが流れてました。卓偉がビーチボーイズを流しているのを聴くなんて初めてかも・・・と思っていたら客電が落ちて開演!!

「FORK IN THE ROAD」
卓偉がアコギを抱え颯爽と一人で登場し熱唱。この曲でライブが始まるのは昨年末の大阪でのイベント以来。

「めぐり逢えた二人」
前回と同じくベーシスト鈴木賢二が登場。ファンクラブライブらしいレアな選曲にはやくも感動。

「アナザー・オリオン」
続いては飯野竜彦教授を迎え、藤井フミヤの大ヒット曲をカバー。卓偉らしく変な癖をつけずにストレートに聴かせる。

「晩秋の都」
ボンヂーが登場し更にマニアックな選曲へ。卓偉の「自己満足だっ!」というセリフの後に披露されたこの幻想的なバラードはファンから温かく迎えられた。

「HELLO MY FRIENDES」
パブロが登場し、メンツが揃ったところで夏らしい大合唱チューン。

「6-CASTER-9」
これまたコアなファンには堪らない選曲!

「I'M SICK SO BLUE」

「DO IT BOYS AND GIRLS」
VIVAROCKから二曲連続演奏。やはりどちらも盛り上がる。

「LOVE MERMAID」
アルバムからの配信シングルとしてお馴染みのナンバー。リズムとクラップが肝となるロックンロールだ。

「太陽が沈む前に」
“ONE LIVE, TWO HAPPY” TOUR以来、久しぶりに届けられた名曲。最後のサビが音源とは異なり一回だけになっていた。

「TO THE MAX」
意外にもNUCLEAR~からはこの曲のみ。

「トップランナー」
前回でも披露されたニューアルバムからのストレートなパンクソング。音源化されてないのにこの盛り上がり方は異常!SMAPの「世界にひとつだけの花」に対抗できるのはこの曲だ!

「WORKING CLASS HI-SCHOOL」
近年のアレンジバージョンでのプレイ。

「蜃気楼」
本編ラストナンバー。イントロが鳴り始めた段階か大きな声援が。

「明日はきっと風の中」

アンコール一曲目。卓偉の私物が景品となった抽選会の後は、初の試みとして「明日はきっと風の中」のPVを撮ることに!もちろんアテレコなので、口パクに馴れてない卓偉や少々盛り上がりに欠けたオーディエンスもあってか2テイク撮ることになったが無事撮影終了!

「FREE FOR FREE」
ラストナンバーはこれまた夏らしい疾走感溢れるこの曲。

二部に続く。。。
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。