上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/12/28(金) 06:18
卓偉がゲスト出演するZIGGYのカウントダウンに行こうか迷っています。いつも東京のライブに参加する際に同伴してくれる友人がカウントダウンが無いものだと思い、今年はバイトを入れてしまったために無理らしく…。もっと早く告知してくれたらなぁ…。

ぶっちゃけ臆病者なので、一人で東京に行く勇気がなかなか出ません。あぁ…どうしよっかなぁ。スラットバンクスの復活ライブも観たいし!

このように真剣に苦悩しております。

あと数日!どうする俺!ライフカード!
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
クリスマス☆オマエが本命! 大阪NIGHT
12月24日(祝.月) 大阪:BIG CAT 

ニューアルバム『SMILER』を引っ提げての全国ツアー「THE SMILERS」。ここでは僕が参戦した大阪でのライブの模様をレポートしちゃいます!

ファイナルの名古屋公演に参加される方はネタバレするので見ないでください!


続きを読む »
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/12/25(火) 16:52
とりあえず、24日の大阪BIG CATでのライブ、最高でした。最高のライブを表現するには“最高”という言葉の他に何もみつからないのです。

あの一体感、あのコールアンドレスポンス、すべてが過去最高の盛り上がりをみせました。新譜の曲も浸透してるみたいだったしね。
そして終演後に卓偉さんからクリスマスプレゼント、否、“家宝”もプレゼントしてもらったし(笑)←これについては後日詳しく説明します。

家宝をみるたび顔がニヤけて仕方ありません。いかんいかん…しまっていこ!

只今ライブレポ作成中!今度は書きますよ~!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
未分類 | 2007/12/21(金) 16:17
「はじまりの唄」が長野県にある志賀高原のCMソングに決定したらしいですね!

CMタイアップといえば2002年の「IT'S GONNA BE OK」(ストナという藤原紀香出演の風邪薬CM)以来五年振り??

おそらく地方のCMなんで関西では見れないかもしれないけど嬉しいです。僕も志賀高原へ行ってスキーをやりたくなりました。美しいゲレンデで「はじまりの唄」が聴けるなんて卓偉ファンにはたまらんでしょう。
あっ、ちなみにスノボはやりません。できません。
コメント (3) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
『過去の僕も知ってください!』、みなさん観ました?

今回のDVDは今までの中で一番好きかもしれません。なんてったってプレミア度ハイレベルなカルボンの曲が映像化されたのですから!それも数曲では新しいアレンジを加えた形で!

しかし不思議なことにどの曲も現在の中島卓偉に違和感なくフィットしてますよね。「はじまりの唄」がカルボン時代から作られてあった事実も大いに納得です。

ただ、「must be strong」 「beat your self blind」などはちょっとキネマに似合わないっていう感じがしました。キネマ倶楽部だけあってキャバレーですからね(笑)
こういうハコはバラードナンバーや「ヒキガネ」とかエロイ系の曲が似合いそうな気がします。


僕は30日の追加公演に参加したんですが、こちらはヌークリとちゃんすわの曲とカルボーンの曲をうまく混ぜた構成で・・・要するに今回のDVDみたいな感じでした(笑)

ただ、30日の方は「100万回生きたねこ」が中盤で披露され、今回のDVDの様にラストナンバーではありませんでした(30日のラスト曲はNEVER FADES AWAY)。曲の位置が違うだけでだいぶ曲の印象が変わりますね。

個人的にベストナンバーは「トライアングル」ですかね。『謝恩祭』のギターを全面に押し出したアレンジとは異なり、音源に忠実に再現したアレンジ(とは言っても間奏は省略されてますが)で演奏した卓偉の潔さに感服です。そして改めてこのアレンジで聴くと卓偉の「jump!jump!」という煽りも含めてディスコっぽい曲だな、と新しい発見もありました。そして、これがなんとなくディスコチックな最新曲、「cry cry cry」につながってるのかな、と。尊敬するトライセラトップスに見習って卓さんも踊れるロックを提唱しようとしているのでしょうか。それなら大歓迎なんですが!

あと「6-caster-9」が2曲目なのが興味深いです。この曲とタイプが似ている「SYSTEMATIC」が最新作「SMILER」では2曲目に収録されてますから。もしかしてこのキネマライブの時から「SMILER」の曲順が卓偉の中ではイメージされてたのでしょうか。或いは、ファンへの一種の刷り込み?かもしれません。

ということは今月のツアーでは「6-caster-9」がプレイされない可能性も高いですね(笑)。それはそれで悲しいんですが・・・!!









コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 山下達郎先生の「いつか晴れた日に」は名曲ですね。

 98年の草剛主演のTBSドラマ「先生知らないの」主題歌でした。

 当時、小学生の間でハイパーヨーヨーなるものが流行っていて、このドラマにヨーヨーの世界チャンピオンである中村名人なる人物がゲスト出演していたのを覚えています。

 中村名人とは、ミニ四駆が流行った時にはミニ四ファイターが登場した様にブームを加速させるためにシーンに登場した子供たちのスターでした(この例えわかりにくい)。

 ちなみにファイターはミニ四駆を一分で組み立てられるというスゴテクを持っていた気がします。いたいけな僕はファイターに対抗して同じようなタイムアタックに挑戦してた様な記憶があります。

 結果、割と早くできましたと思います(友達に自慢したことも覚えてるので)。

 ただですね、ミニ四駆を早く作っても何も達成感は味わえなかったです。そういうマシンに限って愛着もなくあえなく廃車へGO!。

 ゲームの場合、最速でクリアしたら普通に達成感を噛みしめられるかもしれませんが、プラモデルに限っては(ましてやミニ四駆)・・・。

 ファイターの入り知恵には10年経過した今でも憤りを覚えます。

016.jpg


よっ!タミヤの貴公子!










コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/12/08(土) 05:01
随分と前からDVD化を熱望していた映画『探偵/スルース』が、『スルース』としてリメイクされ、3月に日本での公開が決定したようです。

そして公式サイトも完成したようで。

http://www.sleuth.jp/

ストーリー:ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの瀟洒な邸宅に、招かれたのか、押しかけたのか、マイロ・ティンドルと名乗る若い男が現れた。彼らの関係は“夫 VS 妻の浮気相手”。

作家が、若い男に持ちかける。

「妻が欲しいなら、私の提案に乗らないか?」

それは、ひとりの女をめぐって、ふたりの男が挑発し合う、高貴で不健全なゲームの幕開けだった。罠を仕掛け合い、ワンシーンごとに取って替わられる主導権。息つく暇もない89分。ラストシーンで微笑むのは、果たしてどちらか・・・? 主演はジュード・ロウとマイケル・ケインの新旧二大英国俳優。


72年のオリジナル版はローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインが出演していましたが、このリメイク作ではローレンス・オリヴィエ演じた作家役を新たな解釈を加えてケインが演じているそうです。

そしてロウは、かつてケインが演じた若い男役にまわっています。

 私としてはマイケル・ケインが好きなので楽しみです!72年版で若い男役を演じた彼が、2007年版では老作家を演じるという、ニクいキャスティングが最高ですね!

監督のケネス・ブラナーも英国人でシェイクスピア・フリークの人物ゆえに、こういった舞台劇の映画化には安定感がありそうなので期待してよさそうですね。

2008年3月の公開が待ち遠しい!

そして・・・この機会にオリジナルの『探偵/スルース』のDVD化を強く希望します!!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
NHK大阪放送で、卓偉さんがゲスト出演していたラジオ番組を今回は簡単にレポートしちゃいます!(12月2日放送)

前半がDJの方とのトークで、後半が生歌のコーナーになっていました。

前作のレコーディング終了後に京都、奈良へ旅行に行ったお話や、新アルバムの制作秘話などを話しておられました。公開録画らしく、アットホームな雰囲気に卓さんもご機嫌だったようで何よりです。

そして生歌。


1.『Calling You』…この曲は昨年に登場した時も演奏していた記憶があります。

2.『′Cause I MISS YOU』…冬にぴったりな未練がましいオトコの歌、というコトで。

3.『はじまりの唄』…新譜からのナンバー。この曲はカルボーン時代から作ってあって、ファンへの想いを綴った歌詞もその当時のままで書き直してないそうです。また、忙しくてしばらく会ってない友達や、大切な人に対してもこの歌はピッタリだよ、とも言っておられました。

「手紙の便りがないという事はむしろ心配はないね」(『はじまりの唄』より)


4.『誰かの声』…「大阪では初めてやる曲」、とコメントがあったので、ワクワクしてたらキマシタ、これ。音源verでは1オクターブ低く歌っている節をいきなり高音で歌い始めたのでビックリ!やっぱり名曲ですね。この歌詞にジーンときて、思わず佐橋さんと松たか子を・・・いやいや、思い浮かべませんでした(笑)


そしてトークのコーナーで話しておられましたが、来年1月から早くも新作のレコーディング(シングル?)を開始されるようです!!

1月にレコーディングということは3月か4月くらいにリリースでしょうか?精力的な活動、御苦労さまです!来年はシングルヒットを狙ってガンガン攻めていきましょう、卓さん!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
みなさん

「73」。

この数字が何かわかりますか?

『SMILER』のオリコン初登場ランキングです。

73位で3267枚の売上です(ちなみに前作の『僕チャ』が35位で4305枚でした)。

この週はL'Arc~en~Ciel等、強力なアーティストがリリースしていたとしても73位という記録はさすがに…。

そして約1000枚の売上ダウンは隠しようのない事実です。

内容が充実してるだけあってこのセールス不振が悔やまれます。

ハァ…(ちょっと溜息)
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。