上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
 イイ・肉の日である11月29日・・・今日はビートルズのジョージ・ハリスンの命日です。

 ここ数日間、ジョージをヘビロテしているのですが、やはり彼の曲はすこぶるよろしい!!

と、いうことでベタなんですが、ジョージの命日を記念して、アキオがセレクトしたジョージ・ハリスンのお気に入りナンバーをここで紹介したいと思います。

 まずはコレ!(携帯の人はたぶん見れません。ご了承ください)。

http://jp.youtube.com/watch?v=_cBYVnEcF6w&feature=related

 この曲はジョージの代表作の「set on you」です。もはや半引退状態であった彼が、名プロデューサーであるジェフ・リンとの出会いにより音楽制作に再び取組み、88年に大ヒットを飛ばしたゴキゲンなナンバーです。

 CMに使われたので絶対知ってると思います!カバーなんだけど、完全にジョージの曲になっています。もう最高のロックンロールだね!

 2つ目はこの曲。

http://jp.youtube.com/watch?v=4RkeP-iEiZs

 これは『慈愛の輝き』というアルバムに入ってる「BLOW AWAY」というナンバー。

 セールス不振が原因でジョージがしばらく音楽から遠ざかり、もう曲が書けなくなっていたらどうしよう、と思っていた時に矢先に作った楽曲です。

 あまりにシンプルな曲だったのでジョージは発表するのをためらったそうですが、周りに聴かせると好評だったのでレコーディングしたそうです。

 周囲が彼に求めていたサウンドは、やはりビートルズライクであるシンプルなポップナンバーなんですね。そして忘れてはいけないのがこの曲のPV!!いい意味で力が抜けてるんで、とにかく必見です!そして笑ってください(ジョージが夢に出てきます)。

 
そして最後に紹介するのは「過ぎ去りし日々」。

http://jp.youtube.com/watch?v=n7DUfjlFyqA



これは1981年にジョン・レノンの追悼シングルとして発表され、大ヒットを記録した名曲です。

 リンゴがドラムを担当し、ポールがベースを弾いているので、結果的にジョンの死がビートルズの残りのメンバーを再結集に向かわせたのはなんとも皮肉です。

 しかし、楽曲の方は湿っぽいものにならず、痛快なポップソングに仕上がっています。「僕は常に君を尊敬していた」という歌詞がグループで一番年下だったジョージらしくて感動的です。PVもビートルズの映像が中心になっているので思わず泣けてきます。

 でも今となってはこの『過ぎ去りし日々』を唄っているジョージも旅立ったんですね・・・。

ここに取り上げたのはほんの一部にすぎません。ジョージにはまだまだ名曲が沢山あるので、皆さんもどうぞ聴いてみてください。




スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
難波で行われたイベント行ってきました。演奏曲は・・・


『FORK IN THE ROAD』
『存在』
『テレビジョン』
『はじまりの唄』
『mother sky』

の計5曲でした。かなり薄着なので寒そうでしたね!ギターを弾く手もかじかんで若干辛そうでした。

あまりフェイクはなくて割とCDに忠実に歌っている印象を受けましたね。やっぱり「はじまりの唄」はイイなぁー!あと『FORK IN THE ROAD』は冬にピッタリの曲だしセレクトしたのかな?

MCは少なめでアルバムとライブの宣伝を中心に話しておられました。

出番が終わると足早に会場を去った卓さん・・・残り香が香ばしかったです!

 演奏中に立ち止まって聴いてくれる人がいたり、横揺れしながらグルーヴィに聴いているオヤヂさんもいました。こういうきっかけでリスナーが増えることを願います。
 
卓偉が終わった後、「あの歌手は誰?」と聞くオジサンに、携帯の写真を見せて「中島卓偉っていうひとです。有名ですよ!」と力強く答えていた女性ファンをみて心がジーンときました。


帰り際に卓偉が乗ったと思われるエレベーター。


20071125043242.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
「SMILE」のPVをGyaoで観ました。

アルバムから何の曲がPVになるか気になってたんですが、やはりコレでしたか!!

歌詞の中の「屋上」という言葉から導き出されたのか、ビルの屋上での撮影がメインになってます。

『僕らのヒーロー』も屋上だったよね?ほんとにビルが好きだなぁ・・。


時々スタジオでの撮影も入るんですがその映像の方が個人的には好きかな!スタイリッシュな始まり方もカッコイイし。

今回はパブロがいない代わりにキーボードで飯野さん、いや、飯野大先生が初めて卓偉のPVに登場してくださっています!アルバムには参加してない分、こちらで参加するとは大将、ニクイですなぁ~。

ライブ以外でみる飯野さんもダンディですな~。最後らへんで乱れた前髪をかき上げる仕草をされるんですが、それがまたカッコいい!いや、むしろエロい(笑)ほんとにちょいワル(ヒゲ?)オヤジですな、飯野さんは!

あと初回盤DVDに収録されている「きみしだい」のBメロで、卓偉と掛け合いのコーラスを担当している飯野さんが同じ画面内に映ってるショットがあったんですが、あれも身震いするほどCOOLでした。
未見の人はチェックしといてください。

飯野竜彦さん、これからも頑張ってください!

さぁー、今日は卓偉がゲスト出演する大阪の「STREET CANNONBALL」vol.20に行って応援してきますヨ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/21(水) 15:44
本日、中島卓偉の通称、“赤盤”こと『SMILER』が発売になります!

もう飽きるくらい聴いちゃってるけどコレすげぇアルバムだ!今までの中で一番ブリティッシュなアルバムだし☆歌詞カードの誤字なんのその!まだ聴いてない人は今からでも買いにいきましょう。

間違いなく2007年マイベスト1。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/18(日) 04:05
卓偉のラジオ番組『金曜日の集会』を初めて予約録音してたのに何故か録れてなかった…。

どこの馬の骨か知らないDJさんが延々と喋り続けてましたよ~!やはり和歌山放送は僕の地域では聞けないのかな↓ガックシ。。。

『風雲!卓偉城』という城マニアの卓ちゃんらしいコーナー、聞きたかったかナァ。卓ちゃん歴史好きやからなぁ~

さらに泣きっ面に蜂な事件が!

『SMILER』が発売日に聴けないかもしれないんです!予約の電話を今日、地元のレコードショップに入れたら「予約だけしかオーダーしてないので、今から発注すると発売日過ぎるかもしれません…」と!

ぎゃー!もっと早く予約しとけば良かった(涙)みなさん、私を反面教師にして今後は予約することをオススメします。もしくわお店に入荷されてるか連絡を入れてみましょう!

20日は電車に乗ってHMVまで繰り出すしかないですね(こういう手がある)。

しっかし、もうすぐ発売だし楽しみだな!このワクワク感、13歳の頃から大好きなんですよ!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/15(木) 15:50
ジョージ・ハリスンのギターは秋の夜長によく似合うね。

ギターがすすり泣いてるんだなぁ…。

ジョージは2001年の11月29日に亡くなったんだ。

ほんとに秋空が似合う人だ。夏って感じがこれっぽっちもしない。

なかでも落ち葉の中で撮影された『ビートル・フォーセール』のジャケットのジョージは逸品!あとベタやけどソロの『オールシングスマストパス』 のジャケも秋っぽいなぁ!

でもそういや『クラウドナイン』は夏オヤヂ全開してるかも…(笑)

これを機会にみんなジョージ・ソロも聴いてみようね。ジョージの才能が開花したのは『アビーロード』~ソロですから!

“ビートルズが解散して最も得したビートル”とかなかんとか言われてたようだし。

ただジョージはジョンみたいにソロを総括したベスト盤が出てないのがイタイ。一応、昔に発売されたヤツは選曲が微妙やし、ジャケはもっと微妙…。てかあれはないよ!

こうなったらイケてるオールタイムベスト盤が出るまでオリジナルアルバム集めて待ってみるかっ!

ジョージよ…永遠に。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/14(水) 04:07
今度のアルバム収録曲の「コードネーム1091」の歌詞は初のスパイものらしいね!

スパイ・スリラー好きのアキオさんには嬉しいテーマ設定ですな。『007シリーズ』、『ボーンアイデンティティー』、『ミッションインポッシブル』、『北北西に進路を取れ』、『Mr.&Mrs.スミス』、『スパイゲーム』 、『コンドル』などのスパイ映画を彷彿とさせる歌詞なのかな!?もしくは読書好きの卓偉さんなので、イギリスのスパイ小説家ジョン・バカンの作品を読んで思いついたのでしょうか?

コードネーム1091=たくい?

卓偉が諜報員になって駆け巡るのかっ!!

以上、卓偉さんといつかスパイ映画について熱く語り合いたいアキオでした。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/11(日) 16:09
本日、11月11日をもってして『びびっと☆VIVID』が二周年を迎えることができました。

これもいつも温かく見守ってくださる皆様のおかげです。これからもどうぞよろしく!

ブログを開始した二年前は「ブログ?はぁ?何それ?」っていう人も多かったけどあっという間に“ブログ”という言葉が世間に広まりましたねえ~。

それもあってかアクセスも多い日は100HITを超えてたり、徐々に注目度が増してる?ようなのでこれからもガシガシ更新していこうと思います!

今年は何といっても卓偉の生まれ故郷に行けたのが『びびっと☆VIVID』、最大のイベントでしたかね~。あれはブログをやったからこそできた旅でしたしね。
このブログとしては“自分の自慢よりも中島卓偉の自慢を”というテーマが根底にあるので、これからもその精神を貫いていこうと思います。

しかし、来年から社会人なんですよね。。なんだか会社は忙しそうだし残業多いらしいし…あんまり更新できなくなりそうな予感がします。

もちろん卓さんの新譜が出る度、もはや恒例となってる“全曲レビュー”のコーナーはやっていきたいんですが、パワー不足は必至ですね、こりゃ。

それもあってか社会に巣立つ前に、これまでに発表されて、まだレビューを書いてない卓偉の全アルバム、シングル、DVDの全曲解説を今のうちに書いておこっかな~と思ったりしてます。要するにコンプリートした形で卓偉のディスコグラフィーを作ってみたいんですよね。これが次なる展望です!

みなさんのご希望があればマギーメイ時代のレビューも書いてみようと思います。なのでリクエスト等もお待ちしてます!

最後に、、、私と皆さんで作り上げたささやかな二年間に乾杯!

紳士淑女の皆様、これからもよろしくお願いします。
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
來福日記。でいつも「FIVE STARS」のラジオレポートを書いてくださる賀屋[kaya] さんを見習い、「俺ももっと卓偉ファンの方々の力になれることをしなければ!」と思ったので、

今回は卓偉のシングル&アルバムの売上枚数を調べてみたのでここでざっと紹介します!頑張って図書館で調べてきたんです!





シングルタイトル 最高順位 推定累積売上枚数 登場回数 発売日

『トライアングル』 圏外 1999.10/21

『ギャンブルーレット』圏外 2000.02/02

『ピアス』 48位 10,650枚 3回 2001.05/23

『FREE FOR FREE』 36位 12,380枚 2回 2001.08/22

『calling you』 40位 12,290枚 2回 2001.11/21

『FORK IN THE ROAD』 40位 9130枚 2回 2002.02/20

『RE-SET』 18位 13,840枚 5回 2003.07/16

『ひとりになることが怖かった』 36位 9,028枚 4回 2005.02/23

『HELLO MY FRIENDS/太陽が沈む前に』 30位 6,756枚 2回 2005.06/08

『雪に願いを』30位 6,974枚 調査中 2005.11/30

『メッセージ』39位 5,739枚 調査中 2006.03/01

『いま君に逢いたいと思うこと』39位 4,392枚 3回 



アルバムタイトル 最高順位 推定累積売上枚数 登場回数

『NUCLEAR SONIC PUNK』 93位 2,800枚 1回 2000.10/25

『CHUNKY GOD POP』 20位 13,300枚 1回 2002.06/19

『SWANKY GOD POP』 30位 16,020枚 2回 2002.10/23

『POWER TO THE MUSIC』 58位 7,232枚 3回 2004.02/25

『VIVAROCK』 33位 11,544枚 3回 2004.09/23

『傘をささない君のために』36位 6,908枚 2回 2006.05/24

『僕は君のオモチャ』35位 4,305枚(推定初回売上枚数) 調査中 2007.05/09

悲しいことに近年、セールスが右肩下がりなのがよくわかりますね・・・。CDが売れなくなった背景もありますが。ちなみに2003年くらいまでは3万枚いけばヒットと呼ばれたそうです。今現在は1万枚を記録すればチャート上位に食い込むことができるのでヒットと言われると思います。


・最も売れたシングルが『RE-SET』の13,840枚で、
最も売れたアルバムが『SWANKY GOD POP』16,020枚。でも2001~2002年頃のインタヴューで『NUCLEAR SONIC PUNK』が2万~3万くらい売れていると卓偉が言ってたので実質これが1番売れてるのかも!?(情報をお待ちしております!)


・『NUCLEAR~』『ピアス』、『FREE~』とセールスとチャートが上昇している中で、「アンビリーバボ」のタイアップまで付いた勝負曲『calling you』が前二作を下回っているのが悲しい・・・。ここで売れてればナ・・・。


・『RE-SET』はアニメのテーマ曲という、大型タイアップもあり、中々の好成績を収めています。曲も当時の卓偉としては珍しく売れ線シングルを意識して作った曲。こういったことが重なり、卓偉のシングルの中では過去最高のセールスを記録しましたが、このシングルを最後にレコード会社と契約が切れたのを見ると、メーカー側にしてみればこの結果は満足いかなかったことが察せます。

・そのため『POWER~』の売上が低下しているのはインディーズ・レーベル(卓偉の所属事務所)からのリリースのためです。インディーズチャートでは2位くらいだったかな?

・『ひとりになることが怖かった』が意外と売れているということが嬉しいです。9,028枚、登場週4回と、『RE-SET』には及ばないものの、一万枚近いセースルプラスそこそこロングヒットで2005年にしては良い成績じゃないでしょうか。

このセールスデータを見て、「売れなさすぎやん・・・」と少しでも憐れみを感じたそこのアナタ!是非、11月21日発売の『SMILER』をお近くのCDショップでお買い求めください。

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/08(木) 17:43
いまからZIGGYのライブに行ってきます!

新作アルバムも最初は『??』な感じだったけど、聴き込むうちにどんどん良くなってきたしね! こりゃ楽しみだ!

というか今年は渋谷O‐EASTにてZIGGYのカウントダウンライブがあるのだが、そこに卓偉がゲスト出演するというサプライズは期待できないだろうか?

去年は森重先生が来てくれたのでそのお返しに…という意味で。ブログでも「今度は俺が森重さんにお返しをする番だ」とも言ってたし。

またデュエットでZIGGYナンバーを聴きたいナァ。次はZIGGYメンバーの演奏をバックに…。

以上、11月のささやかな願いでした。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/11/04(日) 03:00
今日は宣伝します!

なんと私の友人のロックバンドMOLE-HILLが音楽提供をした映画『青空のルーレット』が明日から公開になります!!

1006257_01.jpg




MOLE-HILLは2002年に結成したロックバンドで、10-FEET、ロットングラフィティーに見出され昨年CDデビュー。

今年の夏には服部緑地野外音楽堂で行われた河口恭吾のイベントにも出演するなど今、飛ぶ鳥を落とす勢いのグループです。


映画はというと・・・

『青空のルーレット』

監督:西谷真一
原作:辻内智貴
脚本:丑尾健太郎
出演:塩谷瞬/貫地谷しほり/忍成修吾/脇知弘/川村陽介/高岡蒼甫/鈴木砂羽/近藤芳正/遠藤憲一
製作年: 2007年
製作国: 日本
配給: パンドラ
上映時間: 103分


あらすじ : ミュージシャン志望のタツオ(塩谷瞬)や作家を目指す40歳の萩原(嶋尾康史)らは、ビルの窓ふきをしながら夢を追っていた。タツオは公園でバンドの練習中に、耳の聞こえない加奈子(貫地谷しほり)と出会い親しくなる。そんなある日、窓ふき仲間の1人が仕事中に転落し、重傷を負ってしまう。


yahooのユーザーレヴューを見る限り、結構評判が良いです!これは期待できるんじゃないでしょうか!?私も早く観に行きたい!

mole hillは劇中でエアーブランコ(vo塩谷)が歌う「青空」「立ち上がれ」「LIFE」という楽曲を提供し、メンバーもちょこっと出演してるそうです。

要するにドラマ『チャンス!』で久保田利伸の「夢 with you」を三上博史がカバーしたみたいな感じですね。

予告編でもガンガン流れているのでチェックしてみてください!



テアトル新宿、キネカ大森、テアトル梅田、名古屋シネマスコーレ、シネトリエ天神などで全国順次公開!!京都では京都南会館で公開します!!

ぜひみんなで足を運びましょう!


mole hill オフィシャルホームページ携帯版→ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=mollhill
PC版→http://molehill1234.web.fc2.com/top.html

青空のルーレット オフィシャルホームページ http://www.aozoraroulette.com/index.html





コメント (3) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
昨日の記事で「試聴したい~」と言ったと思えば早速試聴開始になったので嬉しい限りです。

感想は“最高にして最強”ですね。『SMILER』

全部シングルでいけるやん!ってほどのキャッチー&ポップ! ラストの曲以外、ほとんどがアップテンポで全くレイドバックしてないロックです。

前作が(どちらかというと)ミディアム中心の内容だったので、今回はアッパーナンバー中心です。そして一曲一曲がインパクト大!

例えると、鰻重の上に焼き肉を置いてさらにカレーをぶっかけた『七人の侍』の様な強力な楽曲たちです、なので試聴だけでも結構お腹いっぱいになりました(笑)

比較的さらっと聴ける『僕チャ』とミックスし、シャッフルして聴いてみるとバランス的に最強のアルバムになると思います。おそらく、卓偉史上最高傑作、いやROCK史上最高傑作の『GOD POP』シリーズを超えるかも…そんな予感がします。
前作のイメージカラーが薄い青で、今回が濃い赤。内容もまさにその通りで、軽薄さと濃厚さ、ミディアムとアップテンポ、その両極端な中島の魅力が2007年に提示されたことがわかります!

できれば一曲ずつ試聴の感想を書きたいのですがそれはまた次の機会に!
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
イギリスから無事に帰ってきました~!ロンドンとリヴァプールに行ってきたのですが、ビートルズでおなじみのアビーロードや、ストロベリー・フィールズ、ペニーレインなどに足を運べて最高な気分でした。

ジョンレノン、ポール、ジョージの生家はバスを下車して撮影できたけど、リンゴの家だけバスの中からの紹介だけだったのはショックでしたが(笑)リンゴ扱い悪すぎやろ(泣)・・・。

2002年に卓偉もイギリスに一週間観光で訪れており、同じようにビートルズに関係ある場所を訪れていたのでファンとしては海外でも卓偉関係の場所に行けて嬉しいです。

いつか卓偉も同じように古賀がリヴァプールみたいに観光名所になって古賀保育園、小学校などを廻るバスツアーなどが企画されたら面白いだろうな~。その時はぜひ協力してみたいね。

そんなことで帰国したら『SMILER』情報が解禁になってましたね。待ってましたよ。

smilers-cd1.jpg


smilers-cd2.jpg


このアルバムジャケット、いい意味でヤバイっすね!(出典@オカザイル)ほんとヤバイっす!


このデザインはローリングストーンズのロゴマークをイメージしたのかな?とにかく理屈抜きにPUNK。最高。「雪に願いを」から卓偉が落ち着いたと思う人もいるけど中島は決して守りには入ってないんですよ!30を目前に控えた彼はさらにハジけますよ!

そして曲タイトルも明らかに!

1.お願い胸騒ぎ
2.SYSTEMATIC
3.CRY CRY CRY
4.SMILE
5.さすらいのGUITAR MAN
6.コードネーム1091
7.はじまりの唄

・・・!!!う~ん!タイトルだけでもいろいろ想像しちゃいますよね☆


そしてもうラジオなどでは「お願い胸騒ぎ」と「smile」は解禁になっているそうですね。聴きたい~!誰か聴かせてくれ~!はやく試聴始まらないかな・・・。

そして今回はどの曲がリードトラックでPVになるんでしょうか?(『僕は君のオモチャ』では“僕らのヒーロー”でしたよね)。

何もかもがワクワクです。


イギリスには卓偉はいない。だが、日本には卓偉がいる・・・。やっぱり日本が居心地がいい!







コメント (0) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。