上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/05/30(水) 03:42
『バベル』

9cf97693.jpg



監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット,ケイト・ブランシェット,ガエル・ガルシア・ベルナル,役所広司,菊地凛子,アドリアナ・バラーザ,エル・ファニング,二階堂智
製作年・国:2006/米


モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャードとスーザンが、突然何者かによって銃撃を受け、
妻が負傷するという事件が起こる。
同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを
感じながら、孤独な日々を過ごしていた……


●ポイント1『映画らしい映画』

映画がもつ魅力を最大限に発揮した作品だと感じた。そもそも映画とは音楽や詩など他の芸術ジャンルと違い、異国の文化を最も感じられる芸術でありメディアだ。例えば音楽でもレコードショップのワールドミュージックコーナーに行けばブラジルの音楽などいくらでも異国の音楽に触れることができる。だが、聴覚から得ることのできる情報には限度がある。

映画はどうだろうか、確かにフィールドワークや観光には到底適わないが、他の芸術に比べて視覚情報があるので最も文化を知ることが可能だ。ドキュメンタリー映画などはまさに適材。

「映画は文化の窓」と京都シネマの神谷代表が言っておられたが、まさにそうだと感じる。映画を観ることで約二時間、国の習慣・文化を学ぶことができ、有意義なトリップが楽しめるのだ。

この『バベル』はそういった映画だ。モロッコ、メキシコ、日本この三カ国の文化、風俗を知ることができる。もちろん映画ならではのエンターテイメント性と社会問題も巧みに盛り込んでいる。「日本編の描き方が粗暴すぎる」などの意見もあるが、一人のある外国人監督が見た日本の風俗、という前提をここは尊重すべきだろう。


●ポイント2 『神』
映画は時間軸と空間を『21g』、『パルプフィクション』よろしくバラバラにしており、空間と時間を自由自在に操ったアプローチをしている。この演出からは監督=神、という映画批評では常套句になっている定義を思い起こさせる。これは『バベル』の神話にもある通り、神の役目を監督が代理していることを表現しているのだろうか?

●ポイント3『役者』
そういった神によって翻弄される人々が各国からのプロフェッショナルによって演じられるのだが、どの役者もこの上なく魅力的な演技をしていた。ブラッド・ピットもキャリア最高峰とも言える演技を披露。未だに彼のことを顔だけ「エドウィン」だとか、二枚目俳優だとかのイメージを持っている観客は本作鑑賞後、自分の誤った認識に対して恥を知るだろう。

さらに菊池凛子のエロティックかつアバンギャルドな演技は実にエモーショナル、この役に懸ける熱意はスクリーンからひしひしと伝わった。他の国のエピソードと直接的には関係のない日本編が観客にインパクトを強く残せた功績は誰でもない、彼女のおかげだ。

●ポイント4『映画に込められたメッセージ』

モロッコ、メキシコ、日本の三カ国で起こるカタストロフィ・・・。そこに込められたメッセージはコミュニケーションの乖離。これが映画の大きなテーマになっている。

人々は国籍の違いや能力の違い、心のすれ違い・・・など様々な差異によってコミュニケーションの断絶を強いられる。(日本編では聾唖の障害者への差別が中心になって描かれている)

「なぜ解り合えないのか」。この映画の登場人物たちはみなそう感じており、苦悩し、何かを失う。

だが、その問いに対する答は1人で導きだせない、他者とフェイストゥフェイスでぶつかり合いながら探し出す過程が、それぞれのエピソードで紡がれていた。その経緯がもどかしく滑稽かもしれないが、どれも人間臭く、愛おしい姿ばかりだった。

「届け、心」 この映画のキャッチコピーが儚くも美しい。


びびっと☆評価 ★★★★☆ 坂本龍一教授の音楽ももちろん美しかった。



スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/05/27(日) 21:46
米俳優のポール・ニューマンが引退を発表しましたね。『明日に向かって撃て!』や『スティング』などの名作映画に主演してた元祖二枚目アクターさんです。
近年でいうと…『ロード・トゥ・パーデション』に出演してたかな?内容としては『子連れ狼』と『ゴッドファーザー』を足した感じの微妙なギャング映画でしたが、ポール・ニューマンとジュード・ロウの演技はなかなか見応えがありました。

オーランド・ブルームはいつぞやの雑誌で尊敬する俳優に挙げていた記憶があります。ジョニー・デップは確かマーロン・ブランドでした。

ポール・ニューマンの現役最後の作品になったのはピクサーのアニメ『カーズ』の声優ですか。やはり最後は主演でもう一度ロバート・レッドフォードと組んで傑作映画を製作してほしかったですね。
何はともあれ、お疲れ様です。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
『僕は君のオモチャ』オリコン初登場35位!!おめでとーございます!!ぱちぱち!売り上げ枚数は4,350枚です!

前作『傘をささない君のために』が初登場36位だったので現状維持、ってところでしょうか。(売り上げ枚数不明!どなたか教えてください!!)


とにかくガクッと売り上げが下がっていなくて安心です。というか、『メッセージ』と『今きみに逢いたいと思うこと』は確か3000枚台だったのでシングルより、アルバムの方が高セールスを記録するんですねぇ、さすがアルバムアーティスト中島卓偉です。


ランクイン記念として『僕は君のオモチャ』のジャケットデザインの参考にしたという、エルヴィス・コステロのアルバムをここで紹介。


elvis01.jpg


これが『僕は君のオモチャ』のジャケット。中島さん、又の開き具合が・・・。

toy02.jpg



卓偉さんがコステロ好きなのは昔どっかで聴いたことがあります。イギリスの国民的シンガーなので当然か。よって音楽的な影響もチラホラ。

アキオが気づいたのはTAKUIの「mother sky」とコステロの大ヒット曲「she」のイントロのピアノがクリソツなこと(笑)。
ともに美しい名曲に違いありませんけどね♪ 

「she」が主題歌となった『ノッティングヒルの恋人』も往年のハリウッド映画を彷彿させるドラマなので未見の方はぜひどうぞ!



コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/05/20(日) 03:39
情婦 [スタジオ・クラシック・シリーズ] 情婦 [スタジオ・クラシック・シリーズ]
タイロン・パワー (2006/12/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


この映画はみなさん観た方がいいです!絶対!

『情婦』というタイトルとジャケットから判断しないでください!これはAVではありません、“PASSION HIP LADY”の方の情婦と混合されては困り者です。この映画はれっきとしたクラシック・ミステリーの最高傑作ですのでご注意を。



●あらすじ●金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネ(ディートリッヒ)から、思いもかけない証言が発せられた……。

アガサ・クリスティの戯曲「検察側の証人」を名匠ビリー・ワイルダーが趣向を凝らして作り上げた法廷ドラマです(1957年公開)。


ちなみに伊東四郎が持ちネタとして使ってる「ワリィね、ワリィね、マレーネ・ディートリッヒ」のマレーネ・ディートリッヒとはこの作品の主演女優のことですよ。


法廷ドラマもこれまで色々観てきましたが、アキオの中ではこれがナンバーワンです。『それでもボクはやってない』や『12人の怒れる男』、『告発』などどれも抜群に面白かったんですが、この『情婦』はやはり別格ですね。

もう鮮やかなストーリーテリングが圧巻、の一言。そして衝撃の・・・!あぁ、もうこの先は言葉にできません!100パーセント満足してもらうためにも前知識ゼロで観ることをおすすめします。

はい、参りました!すべてが素晴らしい作品なので、最大の賛辞としてびびっと☆評価★★★★★を送るしかありません。






コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
友達にだいぶ前に貸したSIAM SHADEのシングルコレクション『SIAM SHADE IX A-side Collection』が返ってきました。

siam9.jpg



久々に聴いてみたらすごくイイ!世間ではV系とかアニソンバンドと思われてるけど、それは間違いツス。彼らはは由緒正しきハードロック/メタル系のバンドですよ!!

サウンドの基盤となっているのはハードロック/メタルだけど、メロディは「1/3の純情な感情」に代表されるような、どこまでいってもポップを貫き通した歌謡曲(アルバム曲はそんなに知りませんが)。中でも「グレイシャルLOVE」はZIGGYの影響が強い、というかまんま「GLORIA」(笑)

そういった国内外の先代の影響も知れるこのシングルスはおすすめ。収録曲はどれもミリオン連発の90年代後半~00年代初頭を彩った名曲ばかりです。


1.「RAIN」 デビュー曲。アームを使うところとか後期モトリーっぽい。好き。

2.「TIME’S」  この頃は全然売れなかったらしい。

3.「Why not? 」バキバキの16ビート。

4.「RISK 」 いい曲だけど、この中では存在感薄いかも?

5.「PASSION」 HIDEKIの歌詞はこの曲から吹っ切れた感がある。

6.「1/3の純情な感情」 大ブレイク!!PVがCMで流れまくってた。

7.「グレイシャルLOVE 」“もう一度赤ん坊の頃に戻って人生やり直したいくらしさ”は名言!!

8.「Dreams 」 爽やか。

9.「NEVER END」 変拍子がスゴイ・・・。

10.「曇りのち晴れ」 深キョンのドラマの主題歌

11.「BLACK」 中学の時に廊下で歌いまくってた

12.「1999」典型的な8ビートロックナンバー。

13.「せつなさよりも遠くへ」 タッピングでバッキングをするとは・・・凄すぎ!!

14.「Life 」 掛け値なしの名曲。SIAM SHADEはこれ以上の名曲は作れないと判断し解散した気もする。

15.「アドレナリン」 なぜかミクスチャーに挑戦・・・試行錯誤してるね。

16.LOVE 最後のシングル。エアロみたいなロッカバラッド。


中でも14.「Life 」が素晴らしいです。これは「1/3の純情な感情 」しか知らない人は是非とも聴いて欲しい一曲。歌詞も洗礼されていて、これぞ隠れた名曲です。

2000~2001年頃、SIAM SHADE、FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christiが揃って「LIFE」というタイトルのシングルをリリースしたんですが、その中でもこのSIAM SHADEの「life」が一番、売れたし、楽曲的にも文句なしの感動作でした。(SIAM SHADEの「LIFE」オリコン最高位:13位、La'cryma Christiの「LIFE」最高位:27位,FANATIC◇CRISISの「LIFE」。最高位:30位)

この「LIFE」対決の中で最も微妙でショボかったのは何を隠そうラクリマの「LIFE」でした・・・。FANATIC◇CRISISのシングルもかなり名曲なんだよね。


SIAM SHADE・・・V系ブームとアニソンの犠牲者になり最後までそのイメージが払拭できずに終わってしまった不遇なバンドですが、楽曲はそのひとつひとつが丁寧に作られており、とてもカッコイイです。みなさんも偏見もたずに聞いてあげてくださいネmy Heart。









コメント (0) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/05/16(水) 18:23
映画版の『ゲゲゲの鬼太郎』が観たい……。

『ゲゲゲ』がヒットしてるみたいだから『悪魔くん』も実写で作ってくれないかなぁ、松竹さん。水木しげるファンとしてはこちらも外せない傑作なので。悪魔くん役は小池徹平でメフィスト役は次長課長の河本さんで!
百目ちゃんはCGキャラになるのかなぁ…

エロイムエッサイム*☆○¬↑◇■⊆*▲◇☆
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記 | 2007/05/14(月) 03:41
びびっとキテます・・・。川田亜子アナに。

10021017206.jpg




びびっと☆評価 ★★★★★+★


こんなお姉さんが人事部にいて欲しい。こんな僕と一緒にディスカッションしてください。



e9b0b2d1.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
『僕は君のオモチャ』  全曲解説 part2

toy01.jpg




●収録曲
01.恋の一方通行
02.そのままで
03.It's up to you(きみしだい)

↓ここから
04.ABSTRACT(完全な相関性)
05.僕らのヒーロー
06.僕は君のオモチャ
07.テレビジョン


04.ABSTRACT(完全な相関性) 作詞:黒沢健一 / 作曲:中島卓偉

 この曲もリフが逸品。2分58秒という短さも潔い。
ブルージーな味わいをもった単音ギターリフが軸となったロックンロールなアプローチをとっている。
 
 メロディ自体は2パターンしかなく、この曲の場合、主役はリフであり、メロディは二の次にされているきらいがある。よって、アルバム中、最も好き嫌いが分かれそうだ。間奏の「tururu~」がフックとして絶妙な効果をもたらしている。

05.僕らのヒーロー 作詞:木下裕晴 / 作曲:中島卓偉

 アルバムの中で最もシングル向きのポップ・チューン。PVも制作されている。卓偉には珍しくニューウェーヴ・チックなアレンジが施されている。以前だったらただの8ビートで処理されたかもしれないバッキング・アレンジに“いま”が出た。
 
 ジョーイ・ラモーン、ジミ・ヘンドリックス、ボブ・ディラン、ミック・ジャガー、ジョニー・サンダース、ジョン・レノンという(歌詞の中にも登場する)ロックスター達に救いを求めるかの様な歌詞が心を打つ。この関係はそのまま中島卓偉とファンの距離感に置き換えることが可能だ。

06.僕は君のオモチャ 作詞:宮原芽映 / 作曲:中島卓偉

 スマッシング・パンプキンズが得意としそうなメランコリーなグランジサウンドが魅力的な楽曲。歌詞が最も素晴らしく、子供のころ大事にしていたオモチャは大人に成長するにつれて忘れ去られるが、心の中では大きな存在であり続けるという、誰しもが共感するテーマが描かれている。
 かつてTAKUIを聴いていたが、もう聴かなくなった、離れてしまったリスナーには是非聴いてもらいたい楽曲である。
―僕は君のイヤホン 君の耳で歌っている 素敵に笑えるように それだけでいつか 忘れてもいい―

07.テレビジョン 作詞:中島卓偉 / 作曲:中島卓偉

 アルバムの最後を締めくくるのは80年代のU2のような淡々としたシンプルな楽曲。陰鬱で湿っぽいこの「テレビジョン」は歌詞も自虐的かつ痛々しい。しかし、それだからこそ伝わる音楽もある。もはや「ひとりになることが怖かった」のように「痛い」「淋しい」と声を張り上げて叫べなくても、リスナーに届く表現方法を中島卓偉は手にすることができた。
 
歌詞の内容は「メッセージ」と同じく“都会暮らしの中で忘れてしまった無垢”を歌っている。そういう意味では姉妹作かもしれないし、「メッセージ」と「テレビジョン」は陽と陰、ネガとポジの対極の関係性にある。

 冒頭でも書いた様にこれまで一人称を用い歌詞が描かれていた彼が、このナンバーでは始めて自らを3人称(テレビ)に例えて世界観を表現している。
(以下、卓偉談)「夜中にスクランブル交差点にぼーっと立ってて、どうしたら伝えたいことをもっと表現できるかなぁ、って。あの街って全然眠らないじゃないですか?4つのハイビジョンに全部、違う映像が流れていて、目を閉じると街のノイズが聞こえてくる。そんな中で作ったんです。テレビジョンは人やモノや風景を映すことができても、自分を映すことができない。僕自身も自分のライブは一生、見ることが出来ない。そういう気持ちを託したかったんですね」。

 都会の喧騒に紛れて初期衝動を見失ってしまった“僕”は己を壊せないし、映せないし、動けない。そして・・・叫べなくなった。これはNIRVANAを聴いて心から「叫ぶこと」を知ったミュージシャン・中島卓偉の痛烈なる自虐ソングなのかもしれない。
 
しかし、ネガティヴのまま中島卓偉は終わらない。かつて「FAR EASTERN」の後に「SHINING DAYS」があったように。「ひとりになることが怖かった」の後に「HELLO MY FRIENDS」があったように。

「テレビジョン」のアンサーソングが秋に発売になるフルアルバムに収められていることを期待させるようにアルバムは唐突に幕を閉じる。テレビの雑音が終わるかのように・・・

番外編《メッセージとテレビジョンの歌詞比較》

● 忘れてしまった空の青さ(『メッセージ』)→あの青い夏の日の 空の色を思い出せなくなった(『テレビジョン』)
● 大したことのない自分を抱きしめられたら(『メッセージ』)→僕はただのテレビジョン(『テレビジョン』)







コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
『僕は君のオモチャ』  全曲解説 part1

toy02.jpg



「時間が経ったらまた壊しますよ、中島卓偉でさえも」。

 前作『傘をささない君のために』の特典DVDのスペシャルインタヴューの最後に彼はこう語っていた。本作を聴いた後、誰しもがこう思うだろう・・・「あぁ、中島卓偉でさえも壊したな」と。

 前作では「歌」に重点を置いたサウンドアプローチが選択されていたが、今回はリフをメインにする形で全曲が制作されているという。かつてバンドサウンドを追求していた時期であっても案外、リフを中心に据えた楽曲は少なかった。
 この作風を導入したのは森重樹一が参加しているThe DUST’N BONEZの影響かもしれないし、古くを辿ればローリングストーンズの影響かもしれない。

 とにかく「うたを追求したい」と、昨年は言っていたアーティストが、「今年はギターリフがテーマ」、と言えるのが面白いし、卓偉の強みでもある。
 {04}は、そういった変化を好み、常に壊したいというポリシーを持った中島卓偉を元L⇔Rの黒沢健一氏が巧みに描写したナンバーだ。そう、中島卓偉はリピートを嫌い、何かを壊してビートを探す・・・。
 2000年に「UP TO DATE」でシーンに打ち出したメッセージは今でも健在だ。

 歌詞の方は外部の作詞家が手掛けたものが4曲を占めている。それもあってか歌詞に3人称を扱ったものが多く、{03}ではサイコストーカー、{06}ではオモチャ(ぬいぐるみ)といったものを主人公に据えた内容が目に付く。それに引き寄せられる形で卓偉も{07}では初めて自分を“テレビジョン”という“モノ”に例えるなどの影響がみられる。
 インディーズ時代から「100万回生きたねこ」ではネコ、「what do you mean?」では結婚詐欺師、「too much business」ではサラリーマンに例えてリリックを書いてきたが、それはポール・マッカートニーが「paperback writer」で作家を主人公にした楽曲があるように、ポップミューックシーンでは古くから存在する常套手段である。しかし、モノに例える歌詞はそれに比べ、ホンの数えるほどしかないのではないか。
 ラストに収められている「テレビジョン」の歌詞はこれから中島卓偉が向かおうとしているフロンティアへの布石となる重要な一曲かもしれない。

●収録曲
01.恋の一方通行
02.そのままで
03.It's up to you(きみしだい)
04.ABSTRACT(完全な相関性)
05.僕らのヒーロー
06.僕は君のオモチャ
07.テレビジョン


01.恋の一方通行 作詞:中島卓偉 / 作曲:中島卓偉

これぞ2007年型「UP TO DATE」。単純明快なギターリフから始まるアルバム1曲目はTAKUIらしいロックナンバー。リフと印象的な単語を全面に押出しているので最も本作を象徴した曲であると言えるだろう。今後のライブでも起爆剤となりそうだ。タイトルはザ・フーの「恋のピンチヒッター」、ザ・モンキーズの「恋の終列車」など60年代バンドに見られたチープ感を意図的に演出している。

02.そのままで 作詞:中島卓偉 / 作曲:中島卓偉

60年代のモータウングループ、ロネッツの『ビーマイベイベー』を思わせるドラムフレーズから展開される大陸的な広がりを持ったバラード。次第に盛り上がるアレンジが施されており、ラストはオーケストレーションも合いまって感動的な作品に仕上がっている。

03.It's up to you(きみしだい)作詞:片寄明人 / 作曲:中島卓偉

これぞ“中島卓偉流・ダークレゲエ“”。
が、その割りには沢田研二の『カサブランカ・ダンディ』にも通じる昭和歌謡曲のムードが漂う。ヴォーカルのフェイクが聞きどころで、初っ端のマイケルジャクソン風の遠吠えや間奏でのラッパー風の煽りも聴いていて楽しい。


後半(part2)へgo!!

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
本日、ついに中島卓偉ニューアルバム『僕は君のオモチャ』発売です!

子供のころ、大切にしてたあなたのオモチャは何ですか?女の子ならぬいぐるみ?それともリカちゃん人形かもしれません。男の子だと、ミニカーとか戦隊モノのオモチャかもしれませんね。
その子たちは今はどこに眠ってますか?

タイトル曲では中島卓偉がそんなオモチャになって“いまのあなた”に歌いかけてくれます。

僕がドキッとさせられたのは“君の死んだ仔犬 ホコリかぶった偶像(アイドル) いつか生身の愛情 抱きしめるための 踏み台なのさ” という一節です。

この曲を聴いて、弟がいない僕のために両親が飼ってくれたポチという犬を思い出しました。

さて、遊ばなくなったオモチャは押し入れの中にあるんでしょうか。それとも今でもあなたの心の中で息づいているんでしょうか。

その答えは『僕は君のオモチャ』の中にあります。

今年の中島は泣かせてくれますよ。
コメント (4) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2007/05/06(日) 02:31
『スパイダーマン3』

日本公開年 2007年
製作年/製作国 2007年/アメリカ
監督 サム・ライミ
出演 トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ローズマリー・ハリス

d8cff081.jpg


●ストーリー●スパイダーマンとして活躍し続けるピーター(トビー)は、MJ(キルスティン・ダンスト)に結婚を申し込もうと思っていた。そんな時、ピーターの叔父、ベンを殺した真犯人、フリント・マルコが脱獄した・・・・


この『スパイダーマン』というシリーズが大衆の心を掴んだのは9・11以後の影を落としたアメリカの世相を反映させたヒーロー像を描いているからだ、としばしば批評されてますよね。

過去のシリーズと比較しても、今作『3』が最もその影の描き方の比重が大きかったです。キャピキャピしたイメージをスパイダーマンに持っている人がいたならそれは大きな間違いですよ。


いわゆるシュワちゃんとかスタローン全盛期のアクションモノとはちょっと違う、アンチ・マッチョイズムなヒーロー像なんですよね、このスパイダーマンって。主人公のトビー・マグワイヤもこのシリーズに出る前は若手の演技派俳優でしたので、本作の様な影のある素振りや内面を深く掘り下げる演技は本領発揮、といった所でしょうか。


スパイダーマンはプライベートでの心の揺れと敵キャラが原因でダークサイドへと転落していきます。
というか、『スターウォーズ』といい、『FFシリーズ』といい、ヒーローモノって主人公のダークサイドを描くのが好きですよね?どんな強いヒーローでも迷いは必ずしも訪れる、という意味を込めているのでしょうか。


●今作は前作、前々作とは違い敵キャラが3匹くらい登場し、バトルに次ぐバトルの連続です。「別にこんなに登場させんでも!!」って思いましたが、改めて考えてみると、どのキャラクターもインパクトが少し弱く、一匹だけでストーリーを引っ張るのは辛いものがあるかも・・・。

その弱さをカバーするために3匹まとめてドン!と出しました!って感じですね。愛内里菜と三枝夕夏がデュオってシングル出してるのと同じ原理でしょうね。

これはアメコミにはよくある手なんでしょうか、確か『バットマン』も1と2はジョーカーやペンギンなど、個性的なキャラクターが登場してましたが、『3』と『4』はインパクトのうす~いキャラのお遊戯会みたいな感じでした。それと同時にクオリティもひく~くなってました(笑)

この『スパイダーマン3』は『バットマン3,4』と違い、中身のしっかりしている作品だったので、期待していただいて大丈夫です★



びびっと★評価 ★★★★☆ 












コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。