上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
美術 | 2007/04/24(火) 05:52
今日は大阪のサントリーミュージアムにダリ展を見に行きました。

ダリは夢の世界を描いたエロスでドロドロした絵画ばっかりだと思っていたんですが、そうではありませんでした。夫人ガラをモデルにした作品も多く残し、想像以上に愛に生きた人でしたよ。もちろん、それ以上にアートに費やした実験精神はやはりすごかったですが!!

ダリが手懸ける創作物の幅広く、オブジェ、挿し絵、映画、文学、など垣根なしで、それらのアートから得たアイデアを再び絵画へフィールドバックしていく様がなんとも天才的。誰にも真似できない趣向を凝らした数々の作品が観るものを魅力します。

ここでふと思い浮かんだんですが、以前に卓偉氏は、ブランキー・ジェット・シティの浅井健一さんについてこう話していました。

「普通の人が見えないモノを浅井さんは見ることが出来る。だからあんなに素晴らしい歌詞が書けるんだ」と。

ダリもそういう眼識をもった人間だったらしく、それゆえにあのような奇妙な二重の世界や幻想的な絵が書けたのだと解説に記してありました。

また、TAKUIの楽曲の中に『X‐RAY‐MAN』というエモコアなナンバーがあります。このタイトルを訳すと『レントゲン男』で、常人が見えないモノを見ることが可能になってしまった男の歌です。

だから僕はこの『X‐RAY‐MAN』は浅井健一とダリに宛てた歌な気がするんですよね。芸術家という人たちは凡人とは違った視覚をしてる、ってわけです!わかりやすく言うと『サトラレ』の眼バージョンですよね。(それゆえ誤解や苦労も多いと思いますが…)。

今日は途中で話が唐突に脱線して論理的じゃない日記になりましたが、いつも無駄に卓偉ネタと絡めたくなる痛い子なので勘弁してくださいね!そこんとこはダリと同じくフィールドバックということで(死)

さて、そのダリ展ですが、来月の頭くらいにはもう終了するらしいので、天才レントゲン男に興味がある人は早めにGO!することをオススメします☆
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
美術 | 2006/04/03(月) 03:49
3.jpg



う~む・・・ここ最近は美術館に足を運んでいないので、すごーく行きたくなってきた。今年の1月くらい? に、大阪のミュシャ展に行ったのが最後である。その日以来、「美」から遠ざかっている自分が哀しい。

僕は日々、映画と音楽からインスピレーションを与えてもらっているのだが、絵画からの影響力も計り知れない。とにかく自分の感性に“びびっとキタ!”ものが大好きなのだ。皆さんにも“びびっとキタ!”ものがあると思うが、自分の場合それが、音楽であり、映画であり、美術でもあるのだ。

 よってブログには、今後、美術に関する記事もどんどん書いていきたい。とにかく“びびっときた!”ものをドンドン紹介していくのが、この『びびっと☆VIVID』の役目だと思うからだ。

 ここまで書くと「コイツ何か美術に詳しそうだな」と思うかもしれないが、全くそんな事はない。かなり浅学で、知ったかぶっているだけである。しかも興味持ったのは大学生になってから!というミーハーなガキなのだ。

なので専門的な事は書かない(書けない)ので、ご心配なく。美術という未知なる文化をここをご覧の皆さんと一緒に学んでいけたらいいと思う。

最後に一言:「若者ヨ美術館ニ行クベシ」。

僕と同じ様に音楽、映画が好きな人は、美術に興味を抱くDNAを秘めているはず。とにかく騙されたと思って行くべし!至福の時間が味わえるはずだ!
プロフィール
 

アキオ

Author:アキオ
びびっ!とキタものを Vivid(鮮やかに) 紹介していきます☆★


*中島卓偉*プロフィール

1978.10.19 / 福岡県出身/ A型

バンド活動を経て、“TAKUI”として1999年ソロデビュー。

抜群の歌唱力と圧倒的なライヴ・パフォーマンス、そして稀代のソングライティング能力には業界内・外からも定評がある。

●最新シングル
『3号線』
発売中!

●デビュー10周年記念アルバム『BEST YOURS』
~TAKUI NAKAJIMA Anniversary 1999-2008~
発売中!!←はじめて卓偉の音楽に触れるひとにオススメ!ぜひ聴いてみて♪

全ての記事を表示する
 
アクセス
 
ブロとも申請フォーム
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
FC2ブックマークに追加する
 
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。